『50代から自分を生かす 頭のいい副業術』

2020.05.24 (日)

「今、在籍する会社や組織を離れず、もちろん揉めることも気兼ねすることもなく、本業+副業で生きていける時代になったんです。」と述べて、「今こそ、副業のチャンス」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、フリーランス成功実現アドバイザー兼コピープロデューサー中山マコトさんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

中山マコト『50代から自分を生かす 頭のいい副業術』(青春新書)

 

 

この本は、あなたの持ち味を存分に生かした、無理をしない「頭のいい副業」について、そのやり方や成功例を分かりやすく解説している書です。

 

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.はじめにに代えて あなたの経験知を必要としている人は必ずいる

 

2.「なんてことない」キャリア・経験はお金に換えられる!

 

3.副業に「常識」や「成功パターン」なんていりません!

 

4.月5万円に換えられる、自分の「持ち味」に気づいていますか

 

 

 

5.あなたの副業適性度をチェックしてみよう

 

6.自分にふさわしい副業が見つかる

 

7.こんな副業のカタチも知っておこう

 

8.おわりに

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「自分の持ち味が生かせる副業が見つかるチャート」および、実際に持ち味を生かした副業の実践例を紹介しています。

 

 

 

なんてことないキャリア・経験をお金に換える「頭のいい副業」について、事例の中から著者は次のポイントを挙げています。

 

 

◆ あなたにとって「どうってことない」ものでも、ある人にとっては「宝」

 

◆ 上を見るだけでなく、「横を見る」こと

 

◆ 自分の中の「3つのワン」(=①ファーストワン、②ナンバーワン、③オンリーワン)を探せ

 

 

 

本書の中盤では、月5万円に換えられる自分の「持ち味」や、副業適性度について記しています。ポイントは以下の通り。

 

 

◆ 続けられること、継続できること

 

◆ わかりやすく伝える技術

 

◆「ペリフェラル」(=お隣さん、周辺)にこだわる

 

◆ CV(コアバリュー)を見つける

 

◆ 肩書をつけるだけで副業価値は一気に上がる

 

 

 

◆ ライバルがいない「ミニマックス」市場を意識する

 

◆ ブルーオーシャン市場を先頭を切って泳ぐ(=名前をつけること+先制の戦略)

 

◆ 社会を意識することの重要性

 

◆ 辛抱強く、継続ができて、思慮深く、慎重な性格で、気軽に無料で相談できる身近な知人・友人がいる

 

 

 

この本の最後で著者は、自分にふさわしい副業が見つかる3つのステップを紹介しています。プロセスアプローチとしては以下の通りです。

 

 

1.自分が過去に経験したことのプロセス(=手順)を書き出す

 

2.プロセス(=手順)の中から、得意な部分を選び出す

 

3.選び出した部分をつなげる

 

 

 

もう一つ、コードアプローチとしては以下の3ステップです。

 

 

1.何でもいいから自分の経験したことを書き出す

 

2.その中から、自信のあるコードを選び出す

 

3.選んだ部分をつなげる

 

 

 

あなたも本書を読んで、一生くいっぱぐれない、自分の持ち味をいかした「頭のいい副業」について学び、実践してみませんか。

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!【2400日目】

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『50代から自分を生かす 頭のいい副業術』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP