『テレワークの切り札!Office365 Teams 即効活用ガイド』

2020.05.26 (火)

「働き方改革を支えるコミュニケーションツールとしてマイクロソフトの『Microsoft Teams』が全世界で注目されています。」と述べて、チャットやビデオメッセージをリアルタイムでやり取りできる機能を中心に、すぐに「Teams」が活用できるように解説しているガイド本があります。

 

 

本日紹介するのは、ITジャーナリスト・ライター岩元直久さんが書き、一般社団法人プロトレ理事、株式会社アイティトレーニング代表取締役天野貴之さんが監修した、こちらの書籍です。

 

 

岩元直久・天野貴之『テレワークの切り札!Office365 Teams 即効活用ガイド』(日経BP社)

 

 

この本は、Teamsとは何かから始まり、実際の利用の手順の解説、ビジネスや教育現場での活用事例まで、Teamsの全容を知るための情報を集めた書です。

 

 

 

本書は以下の以下の9部構成から成っています。

 

 

1.Microsoft Teamsで働き方を変える

 

2.Teams 導入に必要なこと

 

3.Teams の単位はチームとチャネル

 

4.メッセージをやり取りする

 

5.チャットでコミュニケーション

 

 

 

6.ビデオ会議などを便利に使う

 

7.もっと便利にTeams を使う

 

8.企業でのTeams 活用事例

 

9.今日聞く現場でのTeams 活用事例

 

 

 

この本の冒頭で著者は、Teams 活用によって働き方を変えること、およびTeams 導入に必要なことを解説しています。ポイントは以下の通り。

 

 

◆ チームワークを実現、コミュニケーションを変える

 

◆ いろいろなデバイスで動くTeams

 

◆ ライセンスとインストール

 

 

 

続いて、Teams の単位、メッセージ、およびチャットの機能について説明しています。主なものは次の通り。

 

 

◆ コミュニケーションの単位「チーム」と「チャネル」

 

◆ チームを作る、チームを管理する、組織外の人とチームを作る

 

◆ チャネルを活用する

 

◆ メッセージと追加機能、「メンション」「アナウンス」「リアクション」

 

◆ 1対1チャット、グループチャット、チャットから通話へ

 

 

 

本書の後半では、ビデオ会議および Teams の便利な機能について解説しています。ポイントは以下の通り。

 

 

◆ Teams で会議を上手に使うコツ

 

◆ 会議予約、会議参加、会議の録画

 

◆ デストクップやアプリのウインドウを共有、会議中のチャット、議事録作成

 

 

 

◆ ファイル閲覧

 

◆ プレゼンスで在籍確認

 

◆ 通知、地図機能、保存先として Share Point

 

 

 

この本の最後には、企業及び教育現場での活用事例が紹介されていて参考になります。

 

 

 

詳細についてはぜひ、本書を手に取って、ご確認ください。

 

 

 

また巻末にはキーワードの索引がついていて便利に活用できます。

 

 

 

あなたも本書を読んで、テレワークの切り札となる「Microsoft Teams」を活用して、働き方改革を実現してみませんか。

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!【2402日目】

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『テレワークの切り札!Office365 Teams 即効活用ガイド』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP