テーマ「ITリテラシー」の投稿一覧

山脇伸介『Facebook 世界を征するソーシャルプラットフォーム』(ソフトバンク新書)

2014.05.25 (日)

山脇伸介氏は、慶応義塾大学を卒業後、在京テレビ局に入社し、報道制作部や営業局を経てプロデューサーとなった。その後、ニューヨーク大学院で、「テレビとインターネットのこれから」 を学ぶ。   本書は、2007年9月 … 続きを読む»

皆神龍太郎『i Pad でつくる「究極の電子書斎」』(講談社+アルファ新書)

2014.05.24 (土)

皆神龍太郎氏は、超常現象をつねに懐疑的な視点から調査する活動を1980年代から行っている。疑似科学ウォッチャーと自称する科学ジャーナリストだ。   本書は、米国発で何度も電子書籍が唱えられながら一向に普及しない … 続きを読む»

大原ケイ『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(アスキー新書)

2014.05.23 (金)

大原ケイ氏は、米国と日本で子供時代を過ごした帰国子女で、ニューヨークの大学でジャーナリズムを学んだ。独立して、現在は米国の著者や著作を海外に紹介する仕事に奮闘している。   本書は、ルポとタイトルについている通 … 続きを読む»

立入勝義『電子出版の未来図』(PHP新書)

2014.05.22 (木)

昨日に引き続き、米国のIT産業事情に詳しい立入勝義氏の著書を紹介したい。立入氏は、電子書籍の分野でも先進国である米国の最新動向に詳しい。   2010年は電子書籍元年と言われ、アマゾンのキンドルやアップルの i … 続きを読む»

立入勝義『ソーシャルメディア革命』(ディスカヴァー21携書)

2014.05.21 (水)

立入勝義氏は、日系企業の米国子会社に勤務して渡米し、その後独立した。ブログ作家、ソーシャルメディア・プロデューサーとして活躍している。   本書は、ソーシャルメディア先進国である米国の最新動向を解説し、将来どん … 続きを読む»

斉藤徹『新ソーシャルメディア完全読本』(アスキー新書)

2014.05.20 (火)

斉藤徹氏は、日本IBM勤務を経て1991年に株式会社フレックスファームを創業し、続いて2005年に株式会社ループス・コミュニケーションズを立ち上げた。   伝説のベンチャー・キャピタリストのジョン・ドーア氏は、 … 続きを読む»

オガワカズヒロ『ソーシャルメディア維新』(マイコミ新書)

2014.05.19 (月)

オガワカズヒロは、実はふたりのクリエイティブ・ユニットで、小川浩と小川和也という、ソーシャルメディアとモバイルを中心とするマーケティングおよびプランニングを行っている。   情報通信革命の第一幕はパソコンの誕生 … 続きを読む»

徳本昌大・高橋暁子『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)

2014.05.18 (日)

徳本昌大氏は、複数の広告会社を経て現在は、コミュニケーション・デザインのコンサルタントとして活躍している。「ソーシャルおじさんズ」 というソーシャルメディアに詳しいおじさんコミュニティーの代表でもある。   ま … 続きを読む»

小林弘人『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP新書)

2014.05.17 (土)

小林弘人氏は、株式会社インフォバーンの代表取締役CEOで、大前研一氏が学長のビジネスブレイクスルー大学の教授だ。   雑誌 『ワイアード』 や 『ギズモード・ジャパン』 など、紙とWEBの両方で新しい媒体を立ち … 続きを読む»

松宮義仁『日本人のためのスマートフォン入門』(フォレスト新書)

2014.03.14 (金)

昨日のフェイスブック入門に続き、松宮氏によるスマートフォン入門の本書を紹介したい。スマートフォンは今や、殆どの携帯電話所有者が従来のガラケーから切り替えて使い始めている。   本書が刊行された当時の2011年で … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP