テーマ「ITリテラシー」の投稿一覧

『超監視社会: 私たちのデータはどこまで見られているのか?』

2017.04.15 (土)

「2010年の時点で、人類が1日に生み出すデータの量は、歴史の始まりから2003年までに生み出したデータの累計の総量を上回っていた。」と指摘している本があります。     本日紹介するのは、世界的な暗 … 続きを読む»

『ウェブに夢見るバカ』

2017.04.12 (水)

ネットで頭がいっぱいの人々に対して、加速度的に進むIT社会の中で、いかにして生き残るべきかを説いた、エッセイ集のような本があります。     本日紹介するのは、『ネット・バカ』でインターネットが私たち … 続きを読む»

『ネットで人生棒に振りかけた!』

2017.03.16 (木)

ネットの言論プラットフォーム『アゴラ』の編集長が、独立の経緯を始めて書いた本があります。     本日紹介するのは、昨日も紹介した、読売新聞記者を経て、独立して『アゴラ』編集長となったソーシャルアナリ … 続きを読む»

『蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?』

2017.03.13 (月)

ネットメディアの影響により、こんなにも差がついてしまった蓮舫と小池百合子という、ふたりの女性政治家を採り上げて分析した本があります。     本日紹介するのは、読売新聞記者を経て、ネットの言論サイト『 … 続きを読む»

『ネットメディア覇権戦争-偽ニュースはなぜ生まれたか』

2017.02.01 (水)

「偽ニュースはなぜ生まれたのか」と問いかけ、5大ニュースメディアを中心に、スマホを舞台にしたニュースを巡る攻防を描いた本があります。     本日紹介するのは、ジャーナリストで、法政大学准教授の藤代裕 … 続きを読む»

『ほぼ日刊イトイ新聞の本』

2017.01.31 (火)

『ほぼ日刊イトイ新聞』という人気WEBサイトに関する「早すぎる社史」のような本があります。     本日紹介するのは、コピーライター糸井重里さんが書いた、こちらの書籍です。     … 続きを読む»

『インターネット的』

2017.01.30 (月)

「これからの時代は、大きさは別にして、あらゆる場面で立候補しないで生きていくことが、困難になるのではないでしょうか。」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、「不思議、大好き」や「おい … 続きを読む»

『なぜアマゾンは1円で本が売れるのか ネット時代のメディア戦争』

2017.01.24 (火)

「生き残りを懸けたメディアの攻防戦がすでに始まっている」と指摘している本があります。     本日紹介したいのは、ジャーナリスト、評論家の武田徹さんが書いた、こちらの新刊新書です。   &n … 続きを読む»

『キンドル・アンリミテッドの衝撃』

2016.10.16 (日)

「読み放題サービスの出現で、出版社・企業・個人の稼ぎ方が変わる!」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、合計66冊、累計200万部を突破するベストセラー作家の石井貴士さんが書いた、こ … 続きを読む»

『中身化する社会』とは?

2016.09.09 (金)

「中身が丸裸になる社会をどう生きていくか?」と問題提起をしている本があります。     本日紹介したいのは、編集者で社会の変化を発信する作家の菅付雅信さんが書いた、こちらの本です。   &n … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP