テーマ「転職・キャリア開発」の投稿一覧

『思考のすごい力』とは?

2016.06.25 (土)

「心はいかにして細胞をコントロールするか」を研究し、人生に対する私たちの理解を根本的に変革させる書があります。     本日紹介するのは、世界的に著名なアメリカの細胞生物学者であるブルース・リプトン博 … 続きを読む»

『仕事のお守り』とは?

2016.06.01 (水)

毎日、いきいき働くために、「人生を温かく、豊かにする金言」をまとめた本があります。     本日紹介するのは、「小さな総合出版社」としてジャンルを問わず発刊する出版社であるミシマ社が、就職活動をする学 … 続きを読む»

『最大効果の仕事術』とは?

2016.05.24 (火)

「仕事時間を減らして、高収入も自由時間も手に入れるお手伝いをする」という、サクセス・コーチの仕事を紹介する本があります。     本日紹介するのは、サクセス・コーチのジェニファー・ホワイトさんが書いた … 続きを読む»

『会社という病』とは何か

2016.05.09 (月)

社員が皆、疲れ切っていて、会社でストレスがないのは好業績に浮かれている経営者だけ、というのが、今の日本企業の状況です。     本日紹介したいのは、みずほ銀行在職中に作家デビューを果たし、現在は退職し … 続きを読む»

『疲れない脳をつくる生活習慣』とは?

2016.05.02 (月)

自分を「最高の状態」にして結果を出す、働く人のための「マインドフルネス講座」が注目されています。     本日紹介するのは、予防医学研究者で医学博士の石川善樹さんが書いた、こちらの書です。 &nbsp … 続きを読む»

『もっと結果を出せる人になる!「ポジティブ脳」のつかい方』とは?

2016.05.01 (日)

「フラットな脳」で自分らしく、楽しく生きると「大きな結果」がついてくる、と提唱している本があります。     本日紹介したいのは、脳科学者でベストセラー作家の茂木健一郎さんが書いた、「結果を出せる脳シ … 続きを読む»

『強運を味方につける49の言葉』とは?

2016.04.30 (土)

「運のいい人は、なぜ運がいいのか?」ということをテーマにして、普通の人が、日常できる運をよくするコツをまとめた本が出版されました。     本日紹介するのは、累計発行部数600万部を超えるベストセラー … 続きを読む»

『冬の火花 ある管理職の左遷録』に思うこと

2016.04.12 (火)

2016年4月1日付ブログ記事で取り上げた楠木新『左遷論-組織の論理、個人の心理』(中公新書)にて最も数多く紹介・引用されていた書があります。     本日紹介したいのは、当時、大手広告代理店の東急エ … 続きを読む»

『左遷論』で組織の論理と個人の心理を知る!

2016.04.01 (金)

「理不尽な人事には理由がある」と指摘し、「左遷」についての「組織の論理」や「個人の心理」を多角的に考察して説明している書があります。     本日紹介するのは、大手生命保険会社に入社し、人事労務関係を … 続きを読む»

『成功を習慣化する3つの記憶』とは?

2016.03.13 (日)

「意識、思考、周囲の3つを制する者だけが絶対の成功を引き寄せる」と説いている本があります。     本日紹介するのは、フリーで研修やコンサルティングを行っている横山信弘さんが書いた、こちらの書です。 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP