テーマ「転職・キャリア開発」の投稿一覧

『心を休ませるために今日できる5つのこと』

2018.07.10 (火)

ハイペースな現代の生活の中で、疲れ切った頭と心を抱える私たちが、小さな工夫を少しずつ実行することで、心を休ませて、自分が持つ能力を最大限に生かす「マイクロ・レジリエンス」という方法を提唱している本があります。 &nbsp … 続きを読む»

『荒木大輔のいた1980年の甲子園』

2018.07.09 (月)

社会現象となった早実の1年生エース・荒木大輔の活躍により、高校野球が一番熱かった時代の真実を、本人、ライバル、チームメイトの証言で明かしている本があります。     本日紹介するのは、立教大学4年時に … 続きを読む»

『あなたの人生、片づけます』

2018.07.06 (金)

「部屋を片づけられない人間は、心に問題がある」と考えている片づけ屋・大庭十萬里が、原因を探りながら手助けをしていく、4つのストーリーを通して、人生の断捨離を訴えている小説があります。     本日紹介 … 続きを読む»

『異文化理解力― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養』

2018.06.26 (火)

「国をまたいでビジネスを行うマネジャーたちの大部分は、文化が彼らの仕事へどのような影響を与えているかほとんど理解していない」と指摘している本があります。     本日紹介するのは、フランスとシンガポー … 続きを読む»

『逃げ出す勇気』

2018.06.20 (水)

現代の日本は「逃げ出す」ことが許されない社会になっていますが、生きることを楽にするための「逃げ出す」方法が書かれた本があります。     本日紹介するのは、東京大学医学部を卒業し、精神科医、マンガ原作 … 続きを読む»

『10年後の仕事図鑑』

2018.06.09 (土)

「なぜ今、人生のグランドデザインを考え直さなければいけないのか?」と問いかけ、「なくなる仕事」と「減る仕事」を指摘し、逆に「生まれる仕事」と「伸びる仕事」を予測して紹介している本があります。     … 続きを読む»

『どん底:一流投手がリハビリで見たもの』

2018.05.24 (木)

高額の年俸と名声を得たピッチャーが、肩やひじを壊したときに何を思ったのか、手術・リハビリに耐えながら何を考えたのか、6人のプロ野球投手がどん底で見た風景を描いた本があります。     本日紹介するのは … 続きを読む»

『世界標準の仕事の教科書』

2018.05.08 (火)

「国内外を問わず、多種多様なビジネスを通じて多くの人々と接してきて強く思うことは、仕事に真に求められることは世界共通なのだということです。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、富士銀 … 続きを読む»

『おとなの法律事件簿 家庭編 弁護士が教える生活トラブルの乗り越え方』

2018.04.20 (金)

弁護士として様々な企業に関わり、多くの優秀な企業人と接している立場から、極めて優秀な社員の方でも私生活に関わる単純な法律問題を解決できず、ストレスを抱えていることが多い事実を知り、その問題解決の方策について説明した本があ … 続きを読む»

『ラクして速いが一番すごい』

2018.04.06 (金)

世界的な外資系コンサルティング会社で600社以上のコンサルティングを行い、5万人を超えるリストラと、6000人以上の優秀なリーダー・幹部の選抜という、「人の目利き」を行ってきたコンサルタントが書いた、1秒でも早く仕事を終 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP