テーマ「転職・キャリア開発」の投稿一覧

『成熟脳ー脳の本番は56歳から始まるー』

2019.01.25 (金)

「脳を装置として見立てると、脳は56歳で出力性能最大期を迎える」、「無駄なものを捨てていくのが、脳の最大のテーマである」と述べている本があります。     本日紹介するのは、昨日に続いて、人工知能の研 … 続きを読む»

『新聞記者』

2019.01.21 (月)

「新聞記者の仕事とは、ジグソーパズルを作るときのように、ひとつずつ真実を認めさせて、さらに裏を取っていくこと」と紹介し、自らの生い立ちや新聞記者の仕事とは何なのか、先輩や取材相手から何を教わってきたのかを述べて、記者の本 … 続きを読む»

『50歳SEの生き方』

2019.01.18 (金)

IT企業で中核業務を担っている50代SEはどのような働き方をしているかを紹介し、「こんな働き方もあるのか」「この働き方はいいな」と、自分に合った働き方の参考にできる本があります。     本日紹介する … 続きを読む»

『45歳の教科書 戦略的「モードチェンジ」のすすめ』

2019.01.07 (月)

3つのキャリアの掛け算により、40代からの人生の確固たる基盤を作るイメージを固める「キャリアの大三角形」を作る手法を提唱している本があります。     本日紹介するのは、東京大学経済学部を卒業し、元リ … 続きを読む»

『世界の中で自分の役割を見つけること』

2018.12.21 (金)

「私は特別な、選ばれし人間ではない。誰もが役割を持っていて、私はたまたま、それに早く気がづくことができた、ただそれだけだ。」と述べて、最高のアートを描くための仕事の流儀を公開した本があります。     … 続きを読む»

『官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態』

2018.11.27 (火)

超難関試験を突破したひと握りの超エリートである霞が関の官僚の裏も表も知り尽くした著者の実体験にもとづく究極の「官僚論」と言える本があります。     本日紹介するのは、県立浦和高校から同志社大学神学部 … 続きを読む»

『究極の問題解決力が身につく瞬発思考』

2018.11.19 (月)

本書で「瞬発思考」として紹介するスキルを身につければ、誰でも即断即決で優れた判断を行い、業績を伸ばすことができる、と提唱している本があります。     本日紹介するのは、事業再生コンサルタント、中小企 … 続きを読む»

『ワクワクする職場をつくる。』

2018.11.17 (土)

「良い感情の連鎖」を起こすことで、人と組織を動き出す、と提唱している本があります。     本日紹介するのは、ジェイフィール代表で武蔵野大学経済学部経営学科特任教授の高橋克徳さんと、ジェイフィール代表 … 続きを読む»

『チャンスは「ムダなこと」から生まれる』

2018.11.16 (金)

人生を楽しむために唯一チャンスがあるとすれば、それはムダです、と述べている本があります。     本日紹介するのは、1959年生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科を卒業し、博報堂でCMプランナーとして、 … 続きを読む»

『ビジネスマンのための「習慣力」養成講座』

2018.11.15 (木)

「習慣は自然には身につかない。努力が必要。だから 習慣力。」と述べて、習慣化のコツを解説している本があります。     本日紹介するのは、1957年生まれ、京都大学法学部を卒業後、東京銀行へ入行し、米 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP