テーマ「転職・キャリア開発」の投稿一覧

『40代から伸びる人、40代で止まる人』

2019.09.15 (日)

「なぜ40代以降でキャリアがストップするのか」と問いかけ、社会環境が劇的に変化する不安な時代では、ワーク・ライフバランスの考え方に、ソーシャルという基軸が加わり、人生のマネジメントを考えることへの学習、スキルが必要だと説 … 続きを読む»

『8秒で心をつかむ接客術』

2019.08.28 (水)

第一印象を猛烈に良くして、予想外の価値を提供し、8秒でキャラ立ちさせることで、お客様の心をつかむ接客をするノウハウを説明してくれる本があります。     本日紹介するのは、元ANAのCAで、チーフパー … 続きを読む»

『超一流の書く習慣』

2019.08.27 (火)

「超一流に共通するのは書く習慣をもっていることです。書くことで思考と行動を管理し、成功者の習慣を自分のものにするのです。」と述べて、「思考を現実化する技術」について解説している本があります。     … 続きを読む»

『 ベンジャミン・フランクリン 富に至る道』

2019.08.18 (日)

200年前から現代まで読み継がれている「アメリカ資本主義の父」と呼ばれるベンジャミン・フランクリンの名文集の書があります。     本日紹介するのは、アメリカ、マサチューセッツ州生まれで、12歳で印刷 … 続きを読む»

『ビジネスパーソンのための「秘書力」養成講座』

2019.08.15 (木)

「秘書の仕事は、上司とお客さまの立場に立って考え行動することです。自分視点ではなく、相手視点で考えることが欠かせません。」「秘書の仕事術とは、秘書に限ったものではなく、働く人すべての人に共通するものなのです。」と述べてい … 続きを読む»

『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』

2019.08.05 (月)

「能力のある人より信用のある人が求められる。信用は日々の習慣の積み重ねで生まれる。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、1959年大阪府生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科を卒業して博 … 続きを読む»

『うまくいっている人の考え方 完全版』

2019.07.31 (水)

「自尊心とは何か」「自尊心をどう高めるか」を中心テーマとしている本があります。     本日紹介するのは、アメリカの著述家で、多年にわたり経営者としてビジネスに携わるうちに「人が自尊心を高め、自らの価 … 続きを読む»

『調べる技術 書く技術』

2019.07.23 (火)

「インプットとアウトプットの両輪がそろうことで、得た情報が自分の知識になり、教養になる。これが『教養力』という深みをもった人間へと成長する道筋だ。」と述べている本があります。     本日紹介するのは … 続きを読む»

『一発OK!をもらえる人の エビデンス仕事術』

2019.07.14 (日)

「エビデンスは、あなたの言葉や熱意よりも、時として強く相手の心を動かすのです。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、福井県福井市出身、早稲田大学社会科学部を卒業し、矢野経済研究所、シ … 続きを読む»

『東大教授が考えるあたらしい教養』

2019.07.12 (金)

「今の時代に求められる『新しい教養』とはどのようなものなのかを知り、それを身につけるために何が必要かを考えていく」ための本があります。     本日紹介するのは、1962年生まれ、東京大学大学教養学部 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP