大前研一『「知の衰退」からいかに脱出するか』(光文社知恵の森文庫)

2013.10.04 (金)

大前研一の本は、どれも歯切れがよい。あまりにはっきりと書き過ぎるので、人によって好き嫌いが分かれるのは事実である。ただ、私は情報が速いこと、世界のトレンドが見えていること、先が読めているという点で、高く評価している。 & … 続きを読む»