テーマ「転職・キャリア開発」の投稿一覧

ジェフリー・フェファー『権力を握る人の法則』(日経ビジネス人文庫)

2014.02.25 (火)

ジェフリー・フェファー氏は、スタンフォード大学ビジネススクール教授で、専門は組織行動学だ。これまで13冊の著書があり、ハーバード・ビジネススクールやロンドン・ビジネススクールでも講師や客員教授を勤めている。   … 続きを読む»

横瀬勉『人事のプロは学生のどこを見ているか』(PHPビジネス新書)

2014.02.19 (水)

横瀬勉氏は、複数の企業で人事のマネジャーや責任者を歴任してきた。本書は、そんな横瀬氏の業務経験をバックボーンとして、採用に当たり、就職活動中の学生を見て、合否を判定するポイントを述べたものだ。   本書は、エン … 続きを読む»

飯島裕子『ルポ 若者ホームレス』(ちくま新書)

2014.02.17 (月)

飯島裕子氏は東京生まれのノンフィクション・ライターで、専門紙記者から雑誌編集者を経てフリーになった。人物インタビューやルポルタージュを中心に執筆活動を行っている。   本書は、従来の50歳代以降のホームレスとは … 続きを読む»

平田未緒『なぜあの会社には使える人材が集まるのか』(PHPビジネス新書)

2014.02.15 (土)

平田未緒さんは、情報誌の記者、編集者を経て、パートやアルバイトの求人広告企業として定評のある株式会社アイデムにて3誌の編集に携わった。   豊富な求人メディアにおける実務経験から、多くの企業が採用に悩む現状に対 … 続きを読む»

飯島勲『リーダーの掟』(プレジデント社)

2014.02.13 (木)

飯島勲氏は、知る人ぞ知る、政治家の名秘書だ。小泉純一郎元首相の秘書官として、懸命の仕事をした。とくにマスメディア対応には心を配って成功させたと思う。   飯島氏は、段取りの名手であり、首相がいかにして判断や政策 … 続きを読む»

大前研一『稼ぐ力』(小学館)

2014.02.07 (金)

本日も3日連続で大前研一氏の著書を紹介したい。本書は大前氏の最新刊で、稼ぐ力に焦点をあてたものだ。大前氏は以前からビジネスパーソンの養うべき実力を強く説いてきており、時代の変化に対応すべきことを強調している。 &nbsp … 続きを読む»

田村耕太郎『君に世界との戦い方を教えよう』(講談社)

2014.01.08 (水)

田村耕太郎氏は、1963年生まれ、早稲田大学卒業、慶応義塾大学大学院卒業(MBA取得)。その後、デューク大学ロースクール修了(法学修士)、エール大学大学院修了(経済学博士)、オックスフォード大学、ハーバード大学、スタンフ … 続きを読む»

スティーブン・R・コヴィー『七つの習慣』(キングベアー出版)

2014.01.03 (金)

この本は、ビジネス書としては異例の、全世界で3,000万部、日本国内でも160万部以上のベストセラーとなっている自己啓発書の決定版とも言える書物だ。   人生成功には共通する原理・原則があった、というのが本書で … 続きを読む»

NHK取材班『NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃』(宝島SUGO文庫)

2013.12.27 (金)

2008年9月のリーマンショック以降、急激に増加した生活保護の実態を取材したNHKが、TV番組 「NHKスペシャル」 を放映した際、大きな反響を呼んだ。   生活保護の受給者は終戦直後の人数を超え、史上最高の2 … 続きを読む»

太田芳徳『リクルートを辞めたから話せる本当の「就活」の話』(PHPビジネス新書)

2013.12.21 (土)

太田芳徳氏は本書タイトルにもある通り、リクルートに勤務し、採用広報の営業、商品企画、人事組織コンサルティングを行っていた人事・採用のプロだ。   現在は、その経験を生かして独立し、株式会社バンゾーの代表として、 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP