テーマ「転職・キャリア開発」の投稿一覧

定年前起業に向けて『今日こそ会社を辞めてやると決める前にやるべき55のこと』

2015.05.04 (月)

就職活動や転職などで悩む人たちに、自らの転職や悩んだ経験から温かいアドバイスとエールを送っている書があります。   日産自動車に入社し、何度かの転職の後に、スターバックス・ジャパンCEOに就任した岩田松雄さんが … 続きを読む»

定年起業する人は必読!『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?』

2015.04.16 (木)

漠然と毎日を過ごしていても人生は一向に好転しないと感じている方に、「成果を生み出す習慣」に変えることを提唱している本があります。とくに「定年前起業」、「定年起業」を考えている人は必読の書です。   今日紹介した … 続きを読む»

『「就活」と日本社会』を考える

2015.04.07 (火)

毎年40万人の学生と数万社の企業が膨大な時間とコストを投入して行われる、日本の新規大卒者一括採用システムは、大学間格差の拡大、新卒無業者、「就活うつ」など、様々な社会問題を生み出しています。   それにも拘わら … 続きを読む»

『世界で活躍する人が実践している自分の価値の高め方』とは?

2015.04.01 (水)

本日も4日連続で「小さな会社のブランドづくり」専門家の村尾隆介さんの著書を紹介します。本日の書は、個人のブランド化をテーマとし、「自分の価値を高め、求められる人になるための力とヒント」が記されたものです。   … 続きを読む»

ハイパフォーマー集団が大切にする仕事力

2015.02.27 (金)

世界No.1のコンサルティング・ファームが大切にしている3つの「仕事力」があります。「人財輩出企業」と呼ばれ、CLO (Chief Learning Officer) 誌による2014年の「ラーニング・エリート企業ランキ … 続きを読む»

世界最高のリーダー育成機関とは?

2015.02.07 (土)

皆さんは米国にある「世界最高のリーダー育成機関」と呼ばれているクロトンビルをご存知でしょうか?「世界最強企業」として、その名が挙げられるGE(ゼネラル・エレクトリック)の中で最高の業績を上げた人たちを対象にした選抜教育が … 続きを読む»

『AERA(アエラ) 2014年12/8号 特集:自分の市場価値を知る』

2014.12.21 (日)

雑誌 『AERA』 は、朝日新聞社が週刊で発行する若者向けメディアで、その時々の時代の世相や世論をリードし、世の中の潮流を作り出していく伝統がある。 もともと 『朝日ジャーナル』 が前身で、学生運動が盛んだった時代には若 … 続きを読む»

荻野進介・大宮冬洋 『ダブル・キャリア』 (NHK出版生活人新書)

2014.12.04 (木)

本書の共著者である荻野氏と大宮氏はともにフリーのジャーナリストで、それぞれリクルートやファーストリテイリング(ユニクロ)でビジネスマンとして働いた経験を持っている。   本書は、『ダブルキャリア』 というタイト … 続きを読む»

平康慶浩『出世する人は人事評価を気にしない』(日経プレミアシリーズ)

2014.11.28 (金)

平康慶浩氏は、早稲田大学大学院ファイナンス研究科にてMBAを取得し、アクセンチュア、日本総研を経て、2012年よりフリーになって人事コンサルタントになった。   現在はセレクション・アンド・バリエーション株式会 … 続きを読む»

コリン・ジョイス『「ニッポン社会」入門ー英国人記者の抱腹レポート』(NHK出版・生活人新書)

2014.11.08 (土)

コリン・ジョイス氏は、1970年イギリス生まれで、オクスフォード大学で古代史と近代史を専攻して、『ニューズウィーク日本版』 の記者になった。   その後、英紙 『デイリーテレグラフ』 東京特派員を経てフリーのジ … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP