テーマ「定年前起業・定年起業」の投稿一覧

藤原和博『坂の上の坂』(ポプラ社)

2014.02.02 (日)

司馬遼太郎氏の歴史小説 『坂の上の雲』 という名作をもじって、本書は 『坂の上の坂』 というタイトルにされているが、これは60歳で人生を終えた戦前と異なり、現代は20~30年間の定年後生活が待っている、という意味を込めた … 続きを読む»

渡辺淳一『孤舟』(集英社文庫)

2014.01.09 (木)

渡辺淳一氏は『失楽園』をはじめとする売れっ子作家であり、医師の立場から男女の心の機微を描くことで定評がある。それだけに、地味な内容の本書を薦める人は少ない。   そうした定評と異なり本書を採り上げた理由は、テー … 続きを読む»

堺屋太一『団塊の秋』(祥伝社)

2013.11.26 (火)

堺屋太一氏は通産省(現・経済産業省)のキャリア官僚で大阪万博を実現させ、作家に転身した。「団塊の世代」という言葉の生みの親で、同名の近未来小説がミリオンセラーとなった。   予測小説というジャンルを拓き、その切 … 続きを読む»

和田秀樹『定年後の勉強法』(ちくま新書)

2013.10.14 (月)

和田 秀樹氏は、東大受験の勉強法を書いた本で有名な精神科医である。東大医学部を出た秀才で、文部科学省が「ゆとり教育」を推進した時に真っ向から「反対」の声を上げた論客だ。   当時、文科省で「ゆとり教育」の推進者 … 続きを読む»

1 5 6 7 8 9 10

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP