テーマ「ハワイ・健康・スピリチュアル」の投稿一覧

大島清『歩くとなぜいいか?』(PHP文庫)

2014.02.27 (木)

大島清氏は、京都大学名誉教授で医学博士。東京大学医学部を卒業後、ワシントン州立大学に留学した。京都大学を定年退官後は、サロン・ド・ゴリラを主宰して、運動や性と脳との関係を中心に執筆、講演活動を積極的に行っている。 &nb … 続きを読む»

君塚正道『あと14分歩くと健康になる』(主婦と生活社)

2014.02.14 (金)

君塚正道氏は、以前に紹介したように元競歩の選手であり、現在はその時に膝を故障した経験などから、正しい歩き方を指導するウォーキング・インストラクターだ。本書は、著者の代表的な著作で、ウォーキングの楽しさや効用を伝えている。 … 続きを読む»

岡田斗司夫『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)

2014.02.11 (火)

岡田斗司夫氏は、1年間で50キロの減量に成功した経験を持ち、その驚異のダイエット法を具体的に紹介したのが本書だ。出版当初は大きな反響を呼んだが、その内容は今も立派に通じる王道の理論だ。   本書によれば、ダイエ … 続きを読む»

泉嗣彦『医師がすすめるウオーキング』(集英社新書)

2014.02.10 (月)

泉嗣彦氏は、1943年生まれの医学博士で、社団法人日本ウオーキング協会副会長だ。ウオーキング医科学研究所所長でもあり、医学面で見たウオーキングの効用を提唱している。   もともと泉医師は消化器が専門だが、人間ド … 続きを読む»

君塚正道『アクティブ・ウォーキング』(NHK出版)

2014.02.09 (日)

君塚正道氏は、元競歩の選手で、20歳の時に膝を痛めた経験から指導者となり、現在はウォーキング・インストラクターだ。日常歩行に注目し、上半身・下半身・体幹のバランスを重視する歩行理論を確立した。   本書は、NH … 続きを読む»

丸子あゆみ『風の翼にのって』(ダイヤモンド社)

2014.02.01 (土)

丸子夫妻のハワイ島移住生活の第3弾、本書は夫人のあゆみ氏が書いたエッセイだ。ハワイ島コナにロングステイする理想の生活を手に入れた夫婦の自由な生活のノウハウ本と言える。   私は人生の転機にハワイを訪れて元気をも … 続きを読む»

丸子和浩『今から始めるハワイ・ロングステイ』(日本経済新聞社)

2014.01.31 (金)

丸子和浩氏のハワイ島ロングステイ記録の第2弾が本書だ。昨日の第1弾に続き紹介したい。丸子氏は、外資系証券会社勤務を経て、キャリアウーマンの夫人とフリーになってハワイ島暮らしを実現した。   丸子氏はマーケット・ … 続きを読む»

丸子和浩&あゆみ『気がつけば夢のハワイ暮らし』(実業之日本社)

2014.01.30 (木)

本書は、若い共働きのビジネス・エリート夫妻が、外資系企業の高年収を捨ててまで夢のハワイ島での暮らしを実現した物語だ。   ハワイ島に行って、夫婦ともにその自然の素晴らしさに魅せられ、衝動買いのようにコンドミニア … 続きを読む»

阪本恭彦・洋子『マレーシアに定住でご褒美人生』(カナリア書房)

2014.01.26 (日)

定年退職後にマレーシアでロングステイをする人、あるいはマレーシアに移住してしまう人が増えている。   MM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム)という10年間の定住が可能なマレーシアの退職者ビザ制度が人気を集 … 続きを読む»

春山茂雄『脳内革命』(サンマーク出版)

2014.01.21 (火)

本書は、1995年に出版された本だが、当時の年間ベストセラーに成るほどよく売れて大きな反響を呼んだ。まだ出版界に出て間もなかった無名のサンマーク出版も本書の爆発的ヒットにより一躍、有名になった。   この年は、 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP