『外資系コンサルが実践する 図解作成の基本』

2018.07.23 (月)

「図解力がアップすると、相手のあなたに対する信頼度もアップします。」と提唱し、「それを見ればキーメッセージを誰でも読み取れる分かりやすさ」という性質を備えているのが優れた図解だ、と説明している本があります。

 

 

本日紹介するのは、外資系コンサルティングファームにて専門領域における日本支社の実務責任者を務め、幅広いコンサルティングを手掛ける吉澤準特さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

吉澤準特『外資系コンサルが実践する 図解作成の基本』(すばる舎)

 

 

この本は、図解作成に、ファッションにおける「抜け感」「透け感」という感覚を取り入れ、要素同士のスペースを確保して文字や図形の量を減らしたり、重ねて用いても重いイメージを与えない適度な色使いを用いたりする「エグゼクティブ図解術」を解説している書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.図解の効果

 

2.図形の見せ方

 

3.図形の使い方

 

4.図解のパターン化

 

5.図解の魅せる化

 

 

 

この本の冒頭で著者は、三菱UFJフィナンシャルグループの再編の歴史を表わす図解を例にして、「図解の効果」について説明しています。

 

 

エグゼクティブ図解術では、見た目のわかりやすさを追求していて、図解キューブによる図形の見せ方図形の使い方を整理して解説しています。

 

 

 

そして本書では、まず「図形の見せ方」を取り上げ、「シンプルにする」ための見せ方として、次の3点を挙げています。

 

 

◆ フォーム: 線ではなく面で表す

 

◆ カラー: 初期カラーではなく「ベースカラー」で表す

 

◆ ポジション: 言葉ではなく「位置」で表す

 

 

 

続いて、「アピールする」ための見せ方としては、以下の3点があります。

 

 

◆ フォーム: 「枠線」で強調する

 

◆ カラー: 「アクセントカラー」で強調する

 

◆ ポジション: 「コントラスト」で強調する

 

 

 

次に、「図形の使い方」では「ベーシックな使い方」として、次の5点を説明しています。

 

 

◆ 概念: 情報や概念を表す

 

◆ つながり: つながる向きと強弱を表す

 

◆ まとまり: 集合関係を表す

 

◆ 変化: 時間の流れや変化を表す

 

◆ 補足: 理由や説明を表す

 

 

 

また「アレンジ」を交えた使い方として、以下の3点を解説しています。

 

 

◆ 変形: 標準にはない図形を表す

 

◆ 組み合わせ: 手間が生じない図形を用いる

 

◆ 重なり: 順序と透かしを設定する

 

 

 

この本の中盤以降では、「図解のパターン化」として、次の6パターンについて、細かく解説し、例示もしています。詳細についてはぜひ、本書を手に取ってご覧ください。

 

 

1.「タテヨコ」を図解する

 

2.「関係性」を図解する

 

3.「時系列」を図解する

 

4.「量」を図解する

 

5.「変化」を図解する

 

6.「分布」を図解する

 

 

 

この本の最後には、図解の魅せる化について記されています。

 

 

これは、①高度な色使いと、②洗練されたデザインという2つの観点から解説されています。具体的な色遣いやデザインが示されていて、とても分かりやすく記載されているので、ぜひ実物のサンプルをお読みになることをお薦めします。

 

 

本書には、図解ツールが20、図解パターンが16、デザインが56も紹介されていて、優れた図には「論理的なわかりやすさ」と「感覚的な心地よさ」があることがよく分かります。

 

 

効果的なプレゼン資料の作成に課題を持っている方にはぜひ、推薦したい一冊です。

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『外資系コンサルが実践する 図解作成の基本』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP