『禅脳思考』

2019.05.17 (金)

「禅脳思考をすれば、常に心に “ 揺らがず ” 、“ とらわれず ” の状態を自分自身でつくることができます。」と述べて、「禅的な脳の使い方をすると、あなたは最高のパフォーマンスを発揮することができます。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、慶應義塾大学病院内科、同スポーツ医学研究センターを経て独立し、現在は株式会社エミネクロス代表スポーツドクター辻秀一さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

辻秀一『禅脳思考』(フォレスト出版)

 

 

この本は、「自分にウソをついているからパフォーマンスが下がる」と指摘し、「ポジティブ思考をやめると、パフォーマンスが上がる!」と提唱している超一流メンタルトレーニング専門ドクターが説く、「あるがまま」で、心を整える習慣術を紹介している書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.なぜ「ポジティブ思考」の人は、伸び悩むのか?

 

2.自分にウソをつくから、パフォーマンスが下がる

 

3.折れない心をつくる禅脳思考

 

4.仕事で最大のパフォーマンスを発揮する法

 

5.人間関係を好転させる生き方

 

6.人生を豊かに生きる心のあり方

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「人間は脳の認知の機能を育み、進化してきた」と説明し、脳の認知機能について、次の3つの機能を紹介しています。

 

 

◆ 外界と接着する機能

 

◆ 行動の内容を決定していく機能

 

◆ 行動を促し、感情を生み出していくために、意味付けをする機能

 

 

人間はこの意味付けがネガティブになりやすい性質があり、だから「ポジティブ思考」信仰があると言います。

 

 

 

しかしながら、チクセント・ミハイ博士が提唱するように、最高のパフォーマンスを発揮するのは、“ 揺らがず ”  “ とらわれず ” の心の状態、すなわち、「あるがままの、ナチュラルな心の状態」である必要があり、著者はこれを「ごきげんな状態」と呼んでいます。

 

 

 

また、安定して高いパフォーマンスを発揮する人の「共通点」として、以下のことが挙げられます。

 

 

◆ 「結果エントリー」ではなく、「心エントリー」

 

◆ 今ここにある心のための思考

 

◆ 自分で自分の心は決めると考える

 

◆ あるがままの状態をそのままに受け入れ、心をまず整える

 

◆ 自分の感情に気づくという脳の使い方=禅的思考

 

◆ いつでもどこでも心を切り替え、心にフローの風を吹かせる自家発電のような脳の機能

 

 

 

また、著者の辻秀一さんは、以下の2つの脳を働かせる「バイブレイン」を提唱し、バイブレインで生きている人「バイブレイナー」と名付けています。

 

 

1.外界に向いて行動を作り出すための脳

 

2.自分という内側を向いて心を整えるためのライフスキル脳

 

 

バイブレインで生きれば、行動と心を分けて対応できるようになるので、パフォーマンスは向上する、ということです。

 

 

 

こうした禅的思考について、同じコンセプトで書かれたものとして、以下の本を紹介しています。

 

 

 

 

 

 

著者は『禅ゴルフ』におけるシャンバラの教えを強化するために、「心を整える」4つの原則を以下の通り、挙げています。

 

 

1.「徳」

 

2.「自制」

 

3.「ユーモア」

 

4.「友情」

 

 

 

そして、次の書籍を紹介し、禅的思考を磨けば、座禅のように坐さなくても、妄想は鎮静化するとしています。

 

 

 

さらに「外発的動機」ではなく「内発的動機」によって人生を本気で生きることが「今に生きる」ことだ、と著者は言います。

 

 

内発的動機の高い人は、「好きだから」「自分で決めているから」「成長を味わいたいから」「一生懸命を楽しみたいから」というのが行動の源泉になっています。

 

 

とくに「楽しい」という感情は、フローな感情です。いつでも「好き」という感情を持ち歩くこと、好きなことを考えるだけで、脳にエネルギーが生じ心にフロー化が生じるのです。

 

 

 

フローな心の状態とは、「無我夢中に没頭している心の状態」でもあり、「集中とリラックスの共存」です。

 

 

 

さらに、心が変わる「与える」の3つの重要エッセンスとして、次の3つを挙げています。

 

 

1.リスペクトすると考える

 

2.チアする(応援する)と考える

 

3.アプリシエイト(ありがたいと考える)

 

 

 

この本の最後で著者は、「禅脳思考は行動の質を変え、時間の質をよりよくし、人生を豊かにしていく最高の宝物」と述べています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、安定して高いパフォーマンスを上げられる「禅脳思考」を身につけてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『禅脳思考』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP