『ツキの科学 運をコントロールする技術』

2017.08.30 (水)

「運は見ることも、触れることもできない。しかし、運は確かに存在する。そう思うしかない経験を誰しもするからだ。」と指摘して、「運」を良くするための方法を提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、英国生まれで米国に移住した作家、投資家で、ジャーナリストでもあるマックス・ギュンターさんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

マックス・ギュンター『ツキの科学 運をコントロールする技術』(PHP研究所)

 

 

この本は、大きな幸運に恵まれた人の実例から、「運の良い人に共通して見られる特徴」を発見し、運の良い人はなぜ運が良いのかを合理的に説明しています。

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.旅の始まり

 

2.運とは何か-科学的な見解

 

3.運とは何か-神秘的な見解

 

4.運を良くする方法

 

 

本書の冒頭で著者は、運の良い人と悪い人の実例を紹介し、それぞれの人生がどのような経緯をたどっていったか、またその要因はどこにあったかを、記しています。

 

 

さらに、「運とは何か」ということについて、科学的な見解神秘的な見解のそれぞれについて、いくつかの説を紹介しています。

 

 

科学的な見解としては、①ランダム理論、②超能力、③シンクロニシティ理論の3つを紹介していますが、とくに、「シンクロニシティ理論」似たもの同士を集める力については興味深いものがあります。

 

 

また、神秘的な見解については、①数字、②運命と神、③占星術と予知夢、の3つについて解説されています。とくに、占星術はあなどれないという本書の指摘は印象に残ります。

 

 

 

この本の中心となるのは、後半に書かれた「運を良くるる方法」で、20年以上にわたって、千人を超える人々の人生を調べた著者の結論として、「運の良い人」には見られるが、「運の悪い人」には見られない特徴として、次の5つを挙げています。

 

 

1.社交性に富む

 

2.直感力がある

 

3.勇気がある

 

4.ラチェット効果をはたらかせる

 

5.悲観的推測に基づいて行動する

 

 

以上の5つの特徴は、いずれも極めて重要なものですが、詳細については敢えてここでは書きませんので、興味ある方はぜひ、本書を手に取ってお読みください。

 

 

分かりにくい4番目の「ラチェット効果」とは、自分のしていることが悪い方向に転がり始めたときや、状況が悪化し始めたときには、素早くその場から逃げだすことができることで、そのためひどい不運に巻き込まれることがない、ということです。「ラチェット」とは、車輪の「歯止め」装置のことです。

 

 

本書の最後には、マーフィーの法則ミッチェルの法則が併せて紹介されています。結局、二つの法則は同じことを言っていて、以下のフレーズに集約されます。

 

 

「悪いことはいつ起きるかわからないから、常に備えを怠ってはいけない」

 

「物事が「うまくいっているときは、流れにまかせる」

 

「脇道にそれたほうがうまくいきそうなら、それてみる」

 

 

あなたも本書を読んで、運をコントロールする技術を学び、実践してみませんか。

 

 

 

私、大杉潤は、「まちの本屋」再生プロジェクトとして、クラウドファンディングにより、読書交流会トークショー・イベントを開催しています。

 

 

ぜひ、一緒に「まちの本屋」を応援しませんか。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/35979

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ツキの科学 運をコントロールする技術』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP