『年をかさねても「若い人」の95のコツ』

2018.12.28 (金)

「心が若い人は、体も若々しいということが、多くの研究結果から科学的にも立証されつつあります。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、学習院大学卒業後、資生堂に勤務し、独立後に人生論の研究に従事した著述家植西聰さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

植西聰『年をかさねても「若い人」の95のコツ』(興陽館)

 

 

この本は、いつまでも美しく若々しく年をかさねるコツ、すなわちあなたが「若々しくなる」ための様々なアドバイスを記している書です。

 

 

 

本書は以下の10部構成にて、計95のコツを紹介・解説しています。

 

 

1.ワクワクするような夢を持つ

 

2.チャレンジ精神を持つ

 

3.活動的に生きる

 

4.楽しく遊ぶ、楽しく恋愛する

 

5.良き友人を持つ

 

 

6.楽天的に生きる

 

7.快適に生きる

 

8.年齢を意識しない

 

9.人の役に立つことをする

 

10.ストレスを軽くする

 

 

 

この本の冒頭で著者は、年を重ねても明るく前向きである夢を持ち、夢に向かって意欲的に生きている、というのが、人間を若返らせることに繋がると、述べています。

 

 

 

そして本書では、「心が若い」人の特徴として、「夢やチャレンジ目標を持っている」ことが重要だと指摘しています。

 

 

 

この本の95メッセージのうち、私の心に響き、とくに共感したものを以下に挙げておきます。どれも素晴らしいフレーズですが、ぜひあなたにも共感できるものが数多くあると思います。

 

 

◆ 60歳を過ぎたら本気でチャレンジ

 

◆ 塗り絵には若返りの効果がある

 

◆ 「朗読」でいい緊張感を味わってみる

 

◆ 恋愛でワクワクするだけで若返る

 

◆ お金を大切にするより。時間を大切にしましょう。

 

 

◆ いくつになっても「青春のまっただ中」

 

◆ 「信念」、「自信」、「希望」が人を若くする

 

◆ 「よく歩く」と元気になる

 

◆ お金を大切にするより、時間を大切に使う

 

◆ 「人に会って話をすること」は脳にいい

 

 

◆ よく笑う人ほど若々しい

 

◆ 「笑うこと」は健康に良い効果がある

 

◆ 楽天的でいることが若返りのコツ

 

◆ 「楽しく生きる」ことだけ考える

 

◆ 自然に親しむ時間を増やす

 

 

◆ 不愉快な出来事も、笑い話に

 

◆ 感動する人ほど、脳が若い

 

◆ 明るいものを身につける

 

◆ 若い人から教えてもらう

 

◆ 「働くことによって、人に喜びを与える」ことが死ぬまで元気に働くコツ

 

 

◆ 「他人に喜びを運ぶ人」になる

 

◆ 豊富な経験や知識を、世の中のために役立てる

 

◆ 「自分の資源」を、第二の人生に生かす

 

◆ ストレスの少ない生活を心がける

 

◆ 誰かに相談することで、気持ちが楽になる

 

 

 

あなたも本書を読んで、科学的に実証された、「こころが若い人は身体も若い」ということをしっかり理解してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトにて販売しています。

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

 

 

2018年11月11日に発刊された大杉潤の新規メルマガ『ビジネス書10000冊から』への登録は、以下のリンクをクリックしてください!

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『年をかさねても「若い人」の95のコツ』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP