『定年後の知的生産術』

2018.04.27 (金)

「定年退職後こそ、クリエイティブに、好きな研究、夢や目標に向かって打ち込むチャンスである。これまでの仕事や人生で得た経験が、意外な組み合わせによる新しい発想や、本質を見抜く眼力に通じる。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、1956年生まれ、慶應義塾大学法学部を卒業後、南カリフォルニア大学修士課程、さらに博士課程を修了し、現在は大阪商業大学学長谷岡一郎さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

谷岡一郎『定年後の知的生産術』(ちくま新書)

 

 

この本は、時間的・金銭的余裕が比較的あるシニア世代大きなアドバンテージに注目し、とりわけ、過酷な競争環境下に置かれていた「団塊の世代」を、知的生産に生きがいを感じる人々の筆頭として、「クリエイティブ・シニア」と呼んで紹介・分析している書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.なぜ団塊の世代が、日本を先導するのか

 

2.成功している人の時間にはメリハリがある

 

3.民間パワーは権威を駆逐していく

 

4.知と知が手を結ぶとき-行間の解読といらない情報

 

5.著作への道-まず「やってみる」という近道

 

6.本物を知る世代の新たな冒険

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「団塊の世代」と呼ばれる世代は比較的元気で、引退後に多くの時間を持ち、そして経済的にも余裕があるケースが多く見られる、と述べています。

 

 

そして厳しい競争環境下で、エキスパート型教育をくぐり抜けてきたので、学ぶ楽しさも身を持って知っている、と解説しています。

 

 

 

以上の団塊の世代の一定割合の人々は、実社会で高い地位に就くことができた知的エリートで、次のような特徴を持っているそうです。

 

 

◆ オールラウンド型の知識では若い世代に負けることはあっても、「これだけは負けない」という少数の得意科目を持つ

 

◆ 学ぶ楽しさを知っている

 

◆ 経済的に比較的余裕がある

 

◆ 競争に打ち勝ってきた経験を多く持つ

 

◆ 人生(キャリア・家庭・その他)を通じて、新しい価値観にチャレンジした経験がある

 

◆ 新しい知見を吸収し、かつ消化する意欲と能力を持つ

 

 

 

本書の中盤以降では、時間のメリハリ、とくに知的活動の時間や、楽しさを感じること知に対する愛着などについて説明がなされています。

 

 

さらに、民間パワー知と知が結びつくこと、著作への道として、15分スピーチでエッセンスを話すことなどが紹介されています。

 

 

最後には、人生は「自分で考え、自分で決断を下す」ものであるという基本哲学が紹介されています。

 

 

 

この本は現在、書店で私の新刊著書『定年後不安 人生100年時代の生き方』(角川新書)と並べて置かれていることも多く、共通のコンセプトで書かれているので、併せてお読みいただくと、さらに大きな示唆が得られるでしょう。

 

 

 

あなたも本書を読んで、定年後の知的生産術について、考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『定年後の知的生産術』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP