『手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書』

2018.05.03 (木)

「十分な教育を子どもに受けさせ、賢く強い大人に育てることはどんな家庭でもできるのです。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、家計再生コンサルタントファイナンシャルプランナーでもある横山光昭さんと、ストーリーライターの朝倉真弓さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

横山光昭・朝倉真弓『手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書』(きこ書房)

 

 

 

この本は、限られたお金をうまく貯め、うまく使って、たとえ収入が少なくても、2人以上の子どもを無理なく大学へ送り出すことを可能にする「お金の管理法」を教えてくれる書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.教育費1000万円のリアル

 

2.大学入学までに300万円を貯める方法

 

3.学資保険はいらない

 

4.「ここぞ」で使う貯金と保険

 

5.習い事のお金をムダにしない秘訣

 

6.お金に強い子どもの育て方

 

7.子育ては「老後」を見据えて

 

 

 

この本は、専門商社で働く高梨淳(31歳)が、妻の穂香(28歳)と一緒に瑞香(長女・1歳)教育費家計のやりくりについて、著者の横山光昭さん(家計再生コンサルタント・ファイナンシャルプランナー)に相談に来て、それに応じて「子育て資金の管理法」を伝えるストーリーとして書かれています。

 

 

本書の冒頭で著者は、「子ども1人を大学に入れて卒業させるまでに1000万円以上の教育費がかかる」と言われていることについて、その「教育費のリアルな出費」を説明しています。

 

 

実は、ひと言で教育費1000万円と考えるのではなく、以下のようにポイントを押さえて考えることが大切だ、ということです。

 

 

◆ 教育費1000万円は、一気にかかるお金ではない

 

◆ 教育費は突発的にかかるイニシャルコストと、定期的にかかるランニングコストに分けて考える

 

◆ 児童手当を積み上げると、総額198万円になる

 

◆ 手取り月収20万円の高梨さんでも、子どもの教育費を貯めることは可能

 

 

 

さらに、児童手当をうまく活用しながら、まずは「大学入学までに300万円を貯めましょう」と著者は提案しています。

 

 

 

また、家計の理想的な支出割合を知っていることも重要で、様々なタイプ(価値観)があるので、微調整は必要ですが、概ね次のような割合を、手取り月収30万円という想定で、著者は示しています。

 

 

◆ 住居費   24%     72,000円

◆ 食 費   14%     42,000円

◆ 水道光熱費  7%     21,000円

◆ 通信費     2%       6,000円

◆ 生命保険料   5%    15,000円

◆ 生活日用品   2%     6,000円

◆ 交際費     2%     6,000円

◆ 被服費     2%     6,000円

◆ 教育費    5%      15,000円

◆ 小遣い   10%      30,000円

◆ その他    10%     30,000円

◆ 預貯金    17%     51,000円

◆ 支出計   100%    300,000円

 

 

この本では、この支出割合(支出ポートフォリオ)について、「教育費重視」「衣食住重視」「貯蓄重視」パターンも掲載していて、自分の家庭がどのパターンに近いかを考えて組み立てることができます。

 

 

パターン分けの詳細については、ぜひ本書を実際に手に取ってお読みください。

 

 

ここでのポイントは、ボーナスは当てにしないレジャーと小遣いはカットしてはいけない、ということだそうです。

 

 

 

次に、学資保険をはじめとする「保険」「貯蓄」について、その役割の違いを、この本では解説しています。ポイントは次の通りです。

 

 

◆ 学資保険は、自分で貯金できるならやる意味はない

 

◆ 貯金は貯金、保険は保険と分けて考える

 

◆ どうしても必要なら、用途を決めて奨学金を利用するのもあり

 

◆ 「使うための貯金」と「使わない貯金」の2段構えでお金をコントロールしていく

 

◆ 「いますぐ起こる可能性がある」、かつ「貯金で対処できない」危機に対しては保険を使う

 

 

 

この本の後半では、多くの親を悩ませる「習い事」にかかるお金老後資金との関係について解説しています。ポイントは以下の通りです。

 

 

◆ 習い事の優先順位は、子ども本人に決めさせる

 

◆ 教育費にいくらかかっているのかは、子ども本人に伝えた方がいい

 

◆ 子育てのための家ではなく、老後のための家という考え方もある

 

 

 

そして本書の最後では、お金に強い子どもの育て方について、説明しています。ポイントは次の通りです。

 

 

◆ 子どもにも家計をオープンにして話し合う

 

◆ お小遣いとお年玉を子どもに管理させて、やりくり力を鍛える

 

◆ キャッシュレス化時代のお金の管理は、クレジットカードブランドのついたデビッドカードが便利

 

 

 

この本は、手取り月収20万円の高梨さんが、横山先生に「教育資金のやりくり」について相談するストーリーとして説明されていて、とても分かりやすいのが特徴です。

 

 

ストーリーライター朝倉真弓さんの文章力が素晴らしく、思わずストーリーに惹き込まれながら、あっという間に、子どもの教育資金の管理法について学ぶことができます。

 

 

あなたも本書を読んで、子育てマネーの不安を解消してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP