『たった3行!心を添える一筆せん。』

2018.03.10 (土)

「時候の挨拶やご機嫌伺いなんていりません。大切なのは、あなたの思いを “ 自分の言葉 ” で伝えることです。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、独自の発想法と行動力でヒット商品を次々に開発、通販業界で成功を収め、経営者・講演家・ビジネス作家として活躍、著書累計150万部に達する臼井由妃さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

臼井由妃『たった3行!心を添える一筆せん。』(現代書林)

 

 

この本は、「ほんのひと言、あるかないか?」「たった一行、思いを伝えるかどうか」で、あなたの人生は輝きあふれるものになるということを、伝えるために書かれました。

 

 

 

本書は以下の10部構成から成っています。

 

 

1.たった1枚の「一筆せん」で、心が通い合う

 

2.「一筆せん」で、おもてなしの心を届けよう

 

3.ビジネスで「素敵な女性」と思われるコツ

 

4.好感度抜群の営業につなげるコツ

 

5.職場の人間関係がよくなるコツ

 

 

6.大切な人の心に寄り添うコツ

 

7.家族との絆が深まるコツ

 

8.心地よい人間関係をつくるコツ

 

9.自分を元気にするコツ

 

10.「一筆せん」で、おもてなしの心を届けよう

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「多くを語らなくていい」「思いを込めたひと言で、人の心は動かされる」と述べています。

 

 

著者は、面と向かうと緊張で頭の中から「ひと言」が消えてしまうことから、「一筆せん」を使ったコミュニケーションを思いついた、ということです。

 

 

 

本書には、著者の体験も含めて、「一筆せん」のポイントやテクニックが具体的に紹介、解説されています。主なものは次の通りです。

 

 

◆ 美味しい言葉は少しでいい

 

◆ 感じがよい「手紙」には、漢字が少ない

 

◆ 文字は右肩上がり、とめやはらいは丁寧に

 

◆ あえて1行で終える必殺技

 

◆ 自己PRはしないのが鉄則

 

 

◆ 元気ややる気を「カタカナ」に込める

 

◆ ユーモアやジョークを取り入れる

 

◆ 書き出しで引き付ける

 

◆ 否定語を避け肯定語に変換する

 

◆ 「おやじ殺し」の文末で締める

 

 

◆ 親近感・共感、ユーモア、とっておきの話、素直な気持ち、体温が感じられる言葉

 

◆ インパクトが強い

 

◆ 記号や会話も取り入れる

 

◆ さりげないキラーワード

 

◆ 短く分かりやすい文章

 

 

 

◆ できる限り具体的に書く

 

◆ 名前、時間、社名を書く

 

◆ 労いの言葉を添える

 

◆ PSは感激や感動を誘い、一筆せんのエンディングを飾る大切な一文

 

◆ 一筆せんの余韻を決めるのは、PSのひと言

 

 

 

また、この本の最後には、自分を鼓舞する「ポジティブ一筆せん」として、自分あてに「手紙」を書くことを紹介しています。

 

 

うっとうしい気分を一掃させる「さわやかフレーズ」や、口下手を克服する「マジカルワード」など、参考になるコツが記されています。

 

 

そして、言葉には、人の「想い」が込められている、と著者は言います。

 

 

あなたも本書を読んで、一筆せんによって「ひと言添える」だけで、絆が深まり、実りあふれる人生へと導かれてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『たった3行!心を添える一筆せん。』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP