『「好きなことだけやって生きていく」という提案』

2017.10.30 (月)

「もう、嫌いな仕事をガマンしてやり続けなくてもいいんです。好きなことを仕事にして楽しく生きられる。むしろ、そうしないと生き残れない時代が、あと数年でやってきます。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、東京大学文学部卒業後、東京放送(TBSテレビ)に入社し、『さんまのスーパーからくりTV』『中井正広の金曜日のスマたちへ』など数多くの番組を担当して、現在はフリーで番組企画などを行う角田陽一郎さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

角田陽一郎『「好きなことだけやって生きていく」という提案』(アスコム)

 

 

この本は、「好きなことだけやって生きていける」ようになるには、どうすればよいかについて、著者の番組制作経験成功したタレントの共通項から、著者なりの結論を解説しているものです。

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.「好きなこと」を増やすだけで、あなたの人生は大きく変わる

 

2.新しいアイデアは、必ず「好きなこと」の中から生まれる

 

3.伝え方一つで、「ダメ」なアイデアも「いい」アイデアに変わる

 

4.「うまくいかないときにどうするか」が、好きなことをし続けられるかを決める

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「好きなこと」を仕事にできる人と、できない人の差を次のように述べています。

 

 

◆ 好きなことを仕事にできていない人=「好きなこと」に縛られている人

 

◆ 好きなことを仕事にできている人=「好きなこと」を創造できる人

 

 

 

つまり結論は、以下の通りになります。

 

 

◆ 才能や夢、「やりたいこと」がなくても、今から「好きなこと」を増やし、それをやればいい

 

◆ 周囲のこと、他人の発言など、何でも興味を持ち、おもしろがってみる

 

 

要するに、どんなことでも興味を持っておもしろがれば、誰でも「好きなことだけやって生きていける」ようになる、ということです。

 

 

私たちは20~60歳のおよそ半分の時間は仕事をする「働く時間」で、それは人生の4分の1にもなります。その仕事を「好きなこと」にすれば楽しい人生が送れます。

 

 

そのためには、働いている人の意識として、①当事者意識、②お客さん意識、③被害者意識、の3つがある中で、つねに当事者意識、つまり「自分ごと化」して考える習慣を持つことが大切です。

 

 

これから求められるのは、アウトプットとインプットを繰り返し、「好きなこと」を増やせる人だけが生き残れるでしょう。

 

 

また、「好きなこと」が増えれば、知識や才能が増えていき、その先に必ず、「あなたにしかできないこと」が待っている、と著者は言います。

 

 

 

次にこの本では、「好きなこと」から無限に成功するアイデアを生み出すには、固定観念にとらわれず、売れているもの、他人がおもしろいと言ったものに、とにかく興味を持つことです。

 

 

そして、あなたのアイデアをうまく伝えることも大切で、自分が話したいことではなく、相手が何を話すと喜ぶかを考え、相手に参加させる工夫をすることが必要です。

 

 

 

本書の最後では、多くの成功したタレントに共通する特徴として、成功する人と成功していない人の「7つの大きな違い」を紹介しています。

 

 

成功していない人は、次の7つの共通点があります。こうならないように注意しましょう。

 

 

◆ 出会いを無駄にする

 

◆ 理由をつけて、すぐに諦める

 

◆ 他人の目を気にしすぎる

 

◆ こだわるポイントが的外れである

 

◆ テクニック論に走る

 

◆ 自分の善悪の基準で、物事を判断する

 

◆ 「私は違う」と、すぐに言う

 

 

 

この本の最後に、来年2018年が明治維新から150年目にあたり、現在は明治維新を上回る変革期だと著者は言います。

 

 

そして、「好きなこと」を続けていくためには、以下のことを実行するよう、著者の角田さんは解説しています。

 

 

◆ 創造で得られる快楽に溺れてみる

 

◆ 「かけがえのない存在」になれるような強みをみつける

 

◆ SNSで自分のキャラクターを発信する

 

◆ とりあえず3年続けてみる

 

◆ 成功者の真似をしてみる

 

 

 

この本の最後には、全体のまとめとして、以下の流れが再度、紹介されています。

 

 

1.いろいろなことに興味を持って、「好きなこと」を増やす

 

2.「好きなこと」と既存のものを組み合わせ、アイデアを生み出す

 

3.アイデアをうまくプレゼンして、仕事にする

 

4.「好きなこと」を仕事にし続ける

 

 

あなたも本書を読んで、「好きなことだけやって生きていく」というライフスタイル働き方を実現してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP