『仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣』

2019.06.30 (日)

「仕事がなかなか終わらない理由、それは、あなた自身が仕事をどんどん増やしているからです。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、人財育成コンサルタント上司向けコーチとして活躍する吉田幸弘さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

吉田幸弘『仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣』(あさ出版)

 

 

この本は、これまで著者の吉田さんが研修や講演、コンサルティング等を通して3万人超の方々と接し、様々な相談を受け、仕事時間・量を減らす方法を伝えてきた中で、特に効果が高いもの、評判がよかったものを中心に、著者の経験を踏まえて、仕事を速く終わらせるコツや考え方、感情との向き合い方などを紹介している書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.仕事が早い人が実践しているムダを減らす時間の使い方

 

2.仕事がうまくまわる人間関係を構築する方法

 

3.さりげなくて非常に効率的な仕事術

 

4.仕事時間が少ないのに結果が出る思考法

 

5.仕事がはかどる感情との付き合い方

 

 

 

この本の冒頭で著者は、仕事のスピードが遅く、毎日追われている人次のような特徴がある、と指摘しています。

 

 

◆ 断ることが苦手で、どんなに忙しくても仕事を請けている

 

◆ 周囲の人のことを考えてていねいに仕事をしている

 

◆ 相手のために無理な納期でも対応する

 

◆ 資料を案件ごとに、こと細かに作成している

 

◆ 責任感が強く、他の人に仕事を振らず、自分で抱え込みすぎてしまっている

 

 

 

それに対して、仕事が早い人が実践している習慣について、本書では以下のようなポイントを提示しています。

 

 

◆ 小さなカバンで快適に仕事をしている

 

◆ まず大きな仕事をする「まとまった時間」を確保する

 

◆ スタートダッシュとラストスパートをする

 

◆ スケジュール帳を真っ黒にしない

 

 

◆ 意識的に休憩を取る

 

◆ 雑談を大切にする

 

◆ 自分の失敗談を語る

 

◆ 下の人からも学ぶ

 

 

◆ 目標を公言する

 

◆ 隠れ家にこもる

 

◆ ECRS(取り除く・統合する・取り替える・簡素化する)を使って聖域を疑い、変化をつくる

 

◆ 常に客観的である

 

 

◆ 一次感情と向き合う

 

◆ 不安材料を書き出す

 

◆ ストレスをその都度、解消する

 

◆ ムラがある前提で考える

 

 

 

この本の最後で著者は、「仕事が早く終わるようになったらやりたいこと」を明確にし、目標がはっきりしている人は、仕事が早く終わるようになる、と述べています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、仕事が早く終わる人の習慣を身につけてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP