『シェアリングエコノミー』

2017.03.19 (日)

「シェアリングエコノミーが社会、ビジネス、雇用のすべてを変える」と指摘している本があります。

 

 

本日紹介するのは、ニューヨーク大学スターン・スクール教授で、シェアリングエコノミーの第一人者であるアルン・スンドララジャンさんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

アルン・スンドララジャン『シェアリングエコノミー』(日経BP社)

 

 

この本は、デジタル技術の革新によって、家を借りる、送迎してもらう、車を借りる、食事をともにする、金を貸す、家事の手伝いを頼む、といったP2P(個人対個人)の金銭を伴う取引のマッチングが可能になった「シェアリングエコノミー」の歴史と将来を分析・予測した書です。

 

 

本書によれば、商業価値の源泉が、今までの企業からデジタル市場で活躍する一般大衆(クラウド)の起業家へ移ってきている、ということです。

 

 

したがって、この本のテーマには、「クラウドベース資本主義」が掲げられています。

 

 

 

本書は以下の9部構成から成っています。

 

 

1.シェアリングエコノミーとは何か

 

2.シェアリングエコノミーの登場-デジタルと経済社会、ひたつの基盤

 

3.プラットフォームが示す新たな経済構造

 

4.ブロックチェーン経済-大衆による市場運営

 

 

5.クラウドベース資本主義の経済的影響

 

6.規制と消費者保護はどう変わるか

 

7.これからの働き方-課題と論点

 

8.これからの働き方-必要な対策

 

9.おわりに-シェアリングエコノミーはどこへ向かうのか

 

 

本書の冒頭では、エアビーアンドビー、ウーバー、リフトのほか、ハロー・アルフレッドラックス、ポストメイツ、シップ、ワシオ、ワッグ、マンチェリーといったオンデマンド労働の事例が紹介されています。

 

 

この本では、アメリカやヨーロッパで拡がりつつある「シェアリングエコノミー」の事例を豊富に紹介すると同時に、それらがデジタルテクノロジーによって可能になった背景や、今後の展望について分析しています。

 

 

これまでの宿泊、交通、フリーランス労働といった分野で先行して始まったクラウドベース資本主義が、今後は商用不動産、保健医療、エネルギー供給にも近い将来、その波が広がっていく、と著者はいいます。

 

 

今後10年の間には、物体のデジタル化によって、自動運転の一大市場がアメリカ、西ヨーロッパ、一部アジア地域で誕生し、業界地図が大きく塗り替わる、と本書では予測しています。

 

 

現在の主要メーカーは力を失い、ウーバー、リフトなどのプラットフォームを持つ会社に加え、アップル、グーグル、アマゾンが市場支配力を獲得する、と述べています。

 

 

さらに都市インフラクラウドベースの協力関係モデルにより一変するだろうと、著者は言います。

 

 

あなたも本書を読んで、「第四の産業革命」とも言われる「シェアリングエコノミー」の本質とインパクトを学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『シェアリングエコノミー』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP