『成功への勇気』

2018.12.12 (水)

人生100年時代を早くから提唱し、自ら実践されている社会教育家田中真澄さんがフリーの初期の頃に書いた成功哲学を紹介した本があります。

 

 

本日紹介するのは、日本経済新聞社に入社し、日経マグロウヒル社(現・日経BP社)へ出向した後、独立起業して日本初のモチベーショナル・スピーカーとして全国各地で講演活動をしてきた田中真澄さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

田中真澄『成功への勇気ーポール・J・マイヤーに学ぶ自立の成功哲学』(ぱるす出版)

 

 

 

この本は、米国の成功者であるポール・J・マイヤー氏が開発したSMIプログラムを紹介し、目標設定と自己の動機づけの重要性を説いている書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.成功大衆化の時代

 

2.明治維新と似た現代

 

3.マイヤーの講演

 

4.人間=ポール・J・マイヤー

 

5.SMIはどのように評価されているか

 

6.SMIで成功した人々

 

 

この本の冒頭で著者は、「成功とは何か。ひとことで言えば、それは、自己実現欲求が満たされる状況をいう。」と述べています。

 

 

よく知られているアメリカの心理学者アンドレ・マズローが提唱する「人間の心理的欲求」発達五段階目の欲求です。

 

 

 

驚くことに、1984年刊行の書籍にも関わらず、何とそのあとに、「人生100年時代の到来」として、次の通り、「新しい人生区分」を著者は提唱しています。

 

 

◆ 第一期:未就学期(誕生~5歳)

 

◆ 第二期:就学期(小学校~大学)

 

◆ 第三期:就職期(就職~定年)

 

◆ 第四期:就商期(定年後~死ぬまで)

 

 

最後の「就商期」は、自分自身の最も得意とする機能で、自分のビジネスを行う時期と定義し、「終身現役」を唱えています。定年を60歳とすれば、人生100年時代では、この時期が40年と最も長く良い時期になる、と著者は言います。

 

 

 

続いて本書では、ポール・J・マイヤーが開発したSMI(Success Motivation Institute)プログラムを紹介しています。私も20歳代~30歳代の頃、毎日聴いていたプログラムです。

 

 

 

プログラムの冒頭は、次の「マイヤーの言葉」で始まります。

 

 

あなたが心にいきいきと描き

 

熱望し、心から信じ

 

熱意をもって行動するなら

 

どんなものでも

 

必ず実現する

 

 

 

この本の後半では、SMIの評価やSMIで成功した人たちの事例が紹介して興味深く読めます。

 

 

あなたも本書を読んで、田中真澄さんの「終身現役」の原動力になっているSMIポール・J・マイヤーについて、学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、を、こちらのサイトにて販売しています。

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

 

 

2018年11月11日に発刊された大杉潤の新規メルマガ『ビジネス書10000冊から』への登録は、以下のリンクをクリックしてください!

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『成功への勇気』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP