『男は一生、好きなことをやれ!』

2017.01.02 (月)

「人生がどんな状況にあっても、男は好きなことを追求しなければならない。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、三重県生まれの作家エッセイスト里中李生さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

里中李生『男は一生、好きなことをやれ!』(知的生きかた文庫)

 

 

この本は、「世間を気にして、自分を小さくするな」世の男性に呼び掛けている書です。なぜなら、あなたの才能や魅力を磨く源泉は、すべて「好きなこと」の中にあるからだ、ということです。

 

 

そして、人生を面白く生きる秘訣も、やはり「好きなこと」の中にある、と著者は言います。

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.人生は、「自分」を試してこそ価値がある

 

2.どんな才能も、「好きなこと」の中にある

 

3.「男」としてやってはいけない、9つのこと

 

4.世間を気にして、自分を犠牲にするな

 

 

この本は、とにかく「好きなこと」をせよ、と背中を押す本ですが、中盤くらいに、「やってはいけない9つのこと」が紹介されています。次の9つで、これは反面教師として参考になります。

 

 

◆ 実績を出す前に、ものを言わない

 

◆ 「バカな男」を反面教師にせよ

 

◆ 「多趣味」は男を堕落させる

 

◆ 「不健康」はチャンスを逃すモトになる

 

◆ 「住めば都」に騙されるな

 

 

◆ こんな「下品」が、成功を遠ざける

 

◆ 「お金持ちになる」ことを、絶対に諦めない

 

◆ 本を読め、ネットに騙されるな

 

◆ 「男の本質」を理解しない女とは、別れよ

 

 

私がとくに関心を持ったのは、「住む場所」がなぜ大事なのか、という点です。

 

 

著者の里中さんは、住む場所や旅行に行く場所にかなり拘りがあって、「運」が左右されるとしています。

 

 

私もまったく同感で、仕事を変えるときなど、人生の転機のタイミング引越しやハワイへの旅行をしてきました。

 

 

本書の一貫した主張は、「人にどう思われようと、自分はこうしたい、自分はこうありたい、-それを追求することが、人生の突破口になる。」です。

 

 

あなたも本書を読んで、「好きなことをやる」人生を追求してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『男は一生、好きなことをやれ!』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP