『お金の流れで読む 日本と世界の未来』

2019.02.22 (金)

「歴史の流れは、先を読む力、とりわけお金がどう動くかという未来を教えてくれる」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャースが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

ジム・ロジャース『お金の流れで読む 日本と世界の未来世界的投資家は予見する 』(PHP新書)

 

 

この本は、「歴史に立脚して先を読む」方法と、時代に順応する術について、世界三大投資家の一人である著者が、分かりやすく解説した書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.風はアジアから吹いているーただし、その風には「強弱」がある

 

2.大いなる可能性を秘めた日本

 

3.朝鮮半島はこれから「世界で最も刺激的な場所」になる

 

4.中国ー世界の覇権国に最も近い国

 

5.アジアを取り囲む大国たちーアメリカ・ロシア・インド

 

6.大変化の波に乗り遅れるな

 

7.未来のお金と経済の形

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「人と同じように考えている限り、大きな成功を収めることは恐らくないだろう。」と述べています。

 

 

「投資を成功させるためには歴史に学べ」というのが著者のポリシーです。そして、あなたの予想を覆すような出来事が、世界では常に起こり続けている、ということです。

 

 

 

著者の基本的な認識は、「アジアの時代」の到来で、世界の負債は西洋に、資産は東洋に、という見方です。

 

 

 

世界や個別国についての見通しについて、著者が指摘しているポイントは以下の通りです。

 

 

◆ これから10~20年は、北朝鮮・韓国の統一国家が世界で最も刺激的な国に

 

◆ 今後1~2年のうちに、史上最悪の世界恐慌は必ず来る

 

◆ 世界中の市場が暴落しても、日本株と中国株、ロシア株は保有しておく

 

 

◆ 今注目しているのはベネズエラとジンバブエ

 

◆ 移民を受け入れる国は栄え、拒む国は亡びる

 

◆ 日本に投資するなら、観光、農業、教育

 

 

 

続けてこの本では、日本再興への道として、次の3つの「日本の強み」を挙げています。

 

 

◆ クオリティへの探求心

 

◆ 類まれなる国民性(働くことへの真摯な姿勢)

 

◆ 貯蓄率の高さ

 

 

 

そして日本経済への3つの処方箋を以下のように提示しています。

 

 

1.チェーンソーで歳出を大幅カット

 

2.関税引き上げと国境の開放

 

3.移民の受け入れ(ただし慎重に)

 

 

 

本書の後半では、朝鮮半島がこれから「世界で最も刺激的な場所」になることを解説しています。そして、中国が世界の覇権国に最も近い国として、分析が紹介されています。

 

 

 

さらに、アジアを取り囲む大国として、アメリカ・ロシア・インドについて著者の見方を述べています。

 

 

 

最後に、キャッシュレス化の方向と、AIやブロックチェーンなどの技術、いわゆるフィンテックにより、お金の未来がどうなるかを展望しています。

 

 

2010年代後半は「AIとブロックチェーンの時代」だと著者は述べています。「変化は恐れるものではなく、楽しむもの」だということです。

 

 

 

あなたも本書を読んで、お金の流れを読んで、日本と世界の未来を考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトにて販売しています。

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

 

 

2018年11月11日に発刊された大杉潤の新規メルマガ『ビジネス書10000冊から』への登録は、以下のリンクをクリックしてください!

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『お金の流れで読む 日本と世界の未来』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP