『お金の流れで探る現代権力史』

2017.04.07 (金)

「戦争、資源闘争、内戦、外交など、あらゆる事件は損得勘定で動いていた」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、元国税調査官作家大村大次郎さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

大村大次郎『お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる』(KADOKAWA)

 

 

この本は、歴史をほんとうに動かしているのは、お金、経済である、という認識のもとに、分かりにくい近現代史を「お金の流れ」から探って読み解いている書です。

 

 

 

本書は以下の14部構成より成っています。

 

 

1.イギリスは、世界の覇権を「お金で買った」

 

2.アメリカの「金」と「ドル」に世界が屈服!

 

3.もう一つの “ 資源大国 ” としてのソビエト連邦

 

4.アラブを再興させた “ オイル・マネー ” の威力

 

5.敗戦国ドイツ「奇跡の復興」と「苦悩」

 

 

6.アメリカを脅かす日本、経済力の源泉は?

 

7.石油利権闘争-アラブ社会の反乱

 

8.“ 第3の経済勢力 ” 中国の目覚め

 

9.実は「経済問題」だった東西冷戦の結末

 

10.「アメリカ復権」と「日本凋落」の密接な関係

 

 

11.イスラム国の背景を「お金の流れ」から探る

 

12.EU発足!共通通貨・ユーロの野望とは?

 

13.世界最大の借金大国 「米」VS. 黒字の貿易大国「中」

 

14.イギリスが仕掛けた世界最大の “ 経済テロ ”

 

 

本書では、これまでの世界の歴史において、いずれも「お金」や「経済問題」が背後にあった、と指摘し、分析しています。

 

 

イギリスの覇権、アメリカのドルを基軸通貨とする体制、資源大国としてのロシア、アラブを再興させたオイル・マネーの現状、ドイツの奇跡の復興、世界の石油履利闘争など。

 

 

そして本書の最後には、世界経済の覇権は今後だれが握るのか、についても記されています。とくに深刻な課題となっているのは、①環境問題および②貧富の格差問題です。

 

 

あなたも本書を読んで、お金の流れで、世界の近現代史を学び直してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『お金の流れで探る現代権力史』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP