『入社3年目から伸びる人の習慣』

2017.02.14 (火)

「人生で最も差がつきやすい年代を有効に過ごそう。」と呼び掛けている本があります。

 

 

本日紹介するのは、若手から経営層まで年間200日を超える企業・団体での研修・講演およびコンサルティングを行う吉山勇樹さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

吉山勇樹『入社3年目から伸びる人の習慣』(PHP研究所)

 

 

 

この本は、人生で最も差がつきやすい「20代の過ごし方」について、自分で未来を切り拓くための40項目を、解説した書です。

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.入社3年目から伸びる人の「生き方」習慣

 

2.入社3年目から伸びる人の「モチベーション」習慣

 

3.入社3年目から伸びる人の「仕事」の習慣

 

4.入社3年目から伸びる人の「キャリア&マネー」習慣

 

 

本書の冒頭で著者は、東日本大震災、企業のグローバル化、個人重視へのシフトなど、社会の大きな変化に対応するため、20代の過ごし方で、人生に大きな差がつく、と指摘しています。

 

 

そして、入社3年目から伸びる人の「習慣」として、主として次のようなものを挙げています。

 

 

◆ 正解を求めるのではなく、「最適解」を求めよう!

 

◆ 3年目社員の「視座」ではなく、上司の「視座」に立て!

 

◆ 好きを見出すことが最大の動機づけになる

 

◆ スキマ時間を制するものは時間管理を制する!

 

◆ 大きな目標よりも小さな目標を立て、成功体質を作ろう!

 

 

◆ なかなかやる気になれない時こそ、カタチから入ろう!

 

◆ 「情報収集」の時代から「情報編集」の時代へ

 

◆ 締め切りギリギリに慌てないための着手日の設定

 

◆ 「普通」や「平均」には必ず裏がある!

 

◆ 費用対効果の高いものを選ぶ審美眼を持つ!

 

 

本書の締め括りとして著者は、次の言葉を読者に伝えています。

 

 

「種をまけば必ず花が咲く。」

 

「花が咲けば新たな種ができる。」

 

 

あなたも本書を読んで、入社3年目から伸びる人の習慣を身につけませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『入社3年目から伸びる人の習慣』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP