『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』

2019.08.22 (木)

常夏の国フィリピンで、困窮生活を送る何百人もの日本人男性がいるといわれる中で、所持金ゼロ、住む家もない「困窮邦人」を取材し、すさまじい生きざまをレポートしたノンフィクション書籍があります。

 

 

本日紹介するのは、上智大学外国語学部英語学科を卒業し、ウエディング専門のカメラマンや新聞記者を経て、現在はノンフィクションライターとしてフィリピンを拠点に活動している水谷竹秀さんが書いて、第9回開高健ノンフィクション賞を受賞した、こちらの書籍です。

 

 

水谷竹秀『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』(集英社文庫)

 

 

この本は、フィリピンクラブで知り合った女性を追いかけてきた男、偽装結婚のカモにされた男、親の会社の運転資金を使い込んで借金に追われ、違反の罰金も払えずに逃亡してきた男など、フィリピンで所持金も住むところもない中で、現地の貧しい人々に助けられて何とか生きている「困窮邦人」を描いた、渾身のルポルタージュです。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.フィリピン人に助けられて

 

2.利用された人生

 

3.逃げ続ける若者

 

4.海外で失った自由

 

5.掛け違えたボタン

 

 

 

この本で取り上げられたフィリピンで暮らす5人の「困窮邦人」はいずれも、「自業自得」と言えなくもない状態で、もはや帰国することもできない「不法滞在」で、このまま異国の地で死を迎えそうな状況です。

 

 

 

こんないい加減な人間には同情の余地もない、という思いの反面、「明日は我が身かも」と切迫感を感じる読者も数多くいる、と著者は多くの反響から感じているそうです。

 

 

 

フィリピンでは多くの貧しい人々が助け合って生活していて、住むところや食べるところのない日本人に対しても、放っておくことができずに、わずかな手伝いや労働の対価として、食事や寝る場所を支援しています。

 

 

 

一方、貧しい生活に転落した「困窮邦人」は、ビザの延長を申請する金もなく、不法滞在となっていますが、南国のフィリピンは取り締まりもゆるく、どこでも寝泊りできて、人々は明るい、という特徴があるため、どんな境遇の外国人でも「何とか生きていく」ことだけはできるのです。

 

 

 

「ただ生きているだけ」という言葉が、「困窮邦人」からはたびたび出てきていて、それでも生き続けることはできるようです。

 

 

 

本書は、フィリピンで「困窮生活」を送って何とか生き続ける男たちのリアルを知ることで、現代日本の問題点も浮き彫りになってきます。

 

 

 

あなたも本書を読んで、現代日本の問題点を、改めて考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP