『ネットで人生棒に振りかけた!』

2017.03.16 (木)

ネットの言論プラットフォーム『アゴラ』の編集長が、独立の経緯を始めて書いた本があります。

 

 

本日紹介するのは、昨日も紹介した、読売新聞記者を経て、独立して『アゴラ』編集長となったソーシャルアナリスト新田哲史さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

新田哲史『ネットで人生棒に振りかけた!-先の読めない時代の情報版「引き寄せの法則」』(アスペクト)

 

 

この本は、読売新聞の記者だった著者の新田さんが、大手新聞社という安定した地位を捨ててフリーになり、ネットで人生を棒に振りかかったところから、ネット選挙の取り組みや、ネット言論メディアの育成など、さまざまな経験を通して、仕事をパワーアップしていく軌跡がわかるストーリーです。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.大手新聞社を辞めて地獄を見た「意識髙い系(笑)」だった私

 

2.リア充はリアルでつかむしかない

 

3.凡才だからこそできた「あほロワー」戦略

 

4.ネット時代が知るべき「不都合な真実」

 

5.情弱のためのインテリジェンス講座

 

 

本書に書かれている一つひとつのエピソードが面白く、リアリティがあって引き込まれるのですが、要約して伝えるのは難しく、ぜひ本書を読んで、リアリティを感じていただきたいと思います。

 

 

著者が新聞社の将来性に危機感を抱き、ネットの世界へ足を踏み入れるきっかけとなった書籍として、以下の佐々木俊尚さんの著書が紹介されています。

 

 

また、著者の仕事の転機となったのは、ネット選挙の経験を土台にして、ロッテ創業一族の「お家騒動」の解説を、テレビ出演して行ったことでしょう。

 

 

それ以降、さまざまな仕事のオファーが来て、仕事に広がりが出てきています。そして、池田信夫さんから打診を受けて、「アゴラ」編集長になりました。

 

 

そうした中で、勝間和代さんが書いた、こちらの本も引用して推薦しています。

 

 

本書は、時代の先を読む感覚に優れた二人が、次にように推薦しています。

 

 

「20年後には、約5割の職業がなくなると言われる時代。求められるのは、新田氏のような “ 仕事を生み出す力 ” だ。」(by 乙武洋匡)

 

「まるでネットの “ わらしべ長者 ” だね。」(by 堀江貴文)

 

 

あなたも本書を読んで、先の読めない時代に、フリーになって生き残るノウハウを学びませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ネットで人生棒に振りかけた!』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP