『ネットメディア覇権戦争-偽ニュースはなぜ生まれたか』

2017.02.01 (水)

「偽ニュースはなぜ生まれたのか」と問いかけ、5大ニュースメディアを中心に、スマホを舞台にしたニュースを巡る攻防を描いた本があります。

 

 

本日紹介するのは、ジャーナリストで、法政大学准教授藤代裕之さんが書いた、こちらの新刊新書です。

 

 

藤代裕之『ネットメディア覇権戦争-偽ニュースはなぜ生まれたか』(光文社新書)

 

 

この本は、偽ニュースを生み出す背景や構造を明らかにした上で、以下の5つのニュースメディアを中心に、スマホを舞台にしたニュースを巡る攻防を描いています。

 

 

◆ ヤフー

◆ LINE

◆ スマートニュース

◆ 日本経済新聞

◆ ニューズピックス

 

 

偽ニュースは、2016年に突然生まれたわけではなく、ビジネスとジャーナリズムの間で揺れ動くビジネスパーソンの戦いの歴史であり、現在進行形の物語だ、と著者は言います。

 

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.「偽(フェイク)ニュース」が世界を動かす

 

2.戦争前夜-偽ニュースはなぜ生まれたか

 

3.王者ヤフーの反撃

 

4.負け組LINEの再挑戦

 

 

5.戦いのルールを変えたスマートニュース

 

6.課金の興亡・日本経済新聞

 

7.素人のメディア・ニューズピックス

 

8.猫とジャーナリズムと偽ニュース

 

 

この本では、紙の新聞が、無料のネット・ニュースに移行していく過程を分析し、主要プレーヤーである5社の戦略が時系列で具体的に描かれています。

 

 

世の中の変化は激しく、どこが読者に支持されて勝ち組になるのかは予測も難しく、また一瞬で変化してしまうのかも知れません。

 

 

そうした中で、著者が各主要プレーヤーを取材し、分析して、将来の予測を試みているのは、とても意義深い仕事でしょう。

 

 

本書で提起されている論点には主として、次のようなものがあります。

 

 

◆ ただで読めるネットニュースの課金について

 

◆ コンテンツ(ジャーナリズム)とプラットフォーム

 

◆ 速報性か分析記事のストック(蓄積)か

 

◆ コメントのコミュニティーについて

 

 

◆ アクセスPVの影響力

 

◆ 堅い報道なのか、柔らかい「猫とおっぱい」なのか

 

◆ PCからスマホへの移行

 

◆ ソーシャルメディアの拡散力

 

 

本書では、「ネットメディアの覇権戦争」について、時系列に整理し、分析をして、今後を展望しているところが興味深く、勉強になります。

 

 

あなたも本書を読んで、ニュースの意味や、今後のスマホ移行に伴う変化について、見識を深めていきませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ネットメディア覇権戦争-偽ニュースはなぜ生まれたか』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP