『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』

2017.03.29 (水)

夫婦関係は「相手を知り、ちょっとしたコツさえつかめば、うまく機能していく」ことを多くの人に知ってもらうために書かれた本があります。

 

 

本日紹介するのは、夫婦問題カウンセラーとして、「夫婦間」「家族間」「男女間」に起こるさまざまな問題に対して、問題解決に向けてのアドバイスや提案などをする相談を、7年間で約7000件も行ってきた高草木陽光さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

高草木陽光『なぜ夫は何もしないのか、なぜ妻は理由もなく怒るのか』(左右社)

 

 

この本は、次のような妻にオススメの内容です。

 

◆ 夫と一緒にいるとイライラする

◆ 夫がしてほしいことをしてくれない

◆ 夫がなかなか話を聞いてくれない

◆ 夫にも家事・育児をしてもらいたい

◆ 夫の借金グセや無駄使いが気になる

◆ 嫁姑問題で夫が助けてくれない

◆ 夫の親の介護のことで悩んでいる

◆ 夫と一緒に生きていく自信がない

 

 

また、この本は以下のような夫にオススメの内容です。

 

◆ 妻がなぜ不機嫌なのかわからない

◆ 妻からの小言が苦痛でしょうがない

◆ 妻が恐いので帰宅したくない

◆ 妻と子どもの教育のことでぶつかる

◆ 妻が実家に帰ってしまった

◆ 妻から「離婚してほしい」と言われた

◆ 「うちは問題ない」と思っている

◆ 老後も妻と一緒に生活したい

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.夫婦の基礎

 

2.夫婦の日常

 

3.家庭・家族

 

4.夫婦のコミュニケーション

 

5.夫婦の危機

 

6.夫婦の過去・未来

 

 

この本の中で著者は、夫と妻では、夫婦関係や家庭に求めるものや感覚が違うことを、具体的に事例を挙げて説明しています。

 

 

とくにその対比が印象的で、私が共感する指摘やポイントを以下に紹介します。

 

 

◆ 夫は家庭に、居場所と居心地を求め、妻は安心と安定を求める

 

◆ 夫は「必要とされている実感」で幸せを感じ、妻は「愛されている実感」で幸せを感じる

 

◆ 夫は信頼してほしい、妻は心配してほしい

 

◆ 夫は自由にお金を使いたい、妻は計画的にお金を使いたい

 

◆ 夫はハッキリ言ってほしい、妻は本心を読み取ってほしい

 

 

◆ 夫はアドバイスを求める、妻は共感を求める

 

◆ 夫は理屈を説明する、妻は感情をぶつける

 

◆ 夫は特別なプレゼントが重要だと考える、妻は日々の気遣いが重要だと考える

 

◆ 夫は仕事ができる妻に嫉妬する、妻は若くてキレイな女性に嫉妬する

 

◆ 夫は妻とふたりで生きたい、妻は自分だけのために生きたい

 

 

本書で伝えてくれることは、①男と女では「感じ方」や「求めていること」が違う②すべての夫婦問題はコミュニケーション(対話)不足から始まる③相手を「受け止める」「受け入れる」ことが夫婦円満の基本④ぶつかり合うのは性格が合わないのではなく「解釈のしかたが違う」から、といった原則です。

 

 

また、大切なことは、①相手に伝わる「伝え方」「話し方」をする②言葉に出して伝える③いきなり否定しない④勝ち負けを決めない⑤共感する⑥労う、感謝する、ということです。

 

 

つまり、「どうとらえるか」で人生が変わってくるので、「相手の立場にたって考える」、それが「思いやり」であり、長持ちする「いい夫婦」を作り上げるポイントだ、と著者は述べています。

 

 

あなたも本書を読んで、より良い「夫婦関係」を築いていくヒントにしてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP