起業に大切な『見込み客リストの集め方・使い方』

2015.07.10 (金)

ネット集客での売上に直結する「リストマーケティング」の実践方法を公開した本があります。本日紹介するのは、インターネットビジネス集客コンサルタント望月高清さんが書いた、こちらの書です。

 

 

望月高清『ネット集客での売上に直結する 見込み客リストの集め方・使い方』(ソシム)

 

 

この本は、ネット販売で結果をすぐにただき出すためのノウハウを公開した書です。

 

 

「ネット集客での売上に直結する見込み客リスト(=メールアドレス)の集め方・使い方」に焦点を絞り、安定した売上拡大を図るのに有効な手法だ、と著者は提唱しています。

 

 

本書によれば、この手法には以下の3つのメリットがあります。

 

 

1.無駄な経費がかからない!

 

2.24時間365日勝手に見込み顧客が集まる!

 

3.集客からセールスまで自動化できる!

 

 

リストマーケティングの実践方法は、フロント・バックエンド戦略プロダクトローンチなどから成っています。

 

 

 

本書は、以下の8部構成から成っています。

 

 

1.リストの力を正しく理解する

 

2.集めたいリストの属性をリサーチする

 

3.フロントエンド商品を決める

 

4.ランディングページを作成する

 

5.ランディングページにアクセスを集める

 

6.集めたリストを教育してセールスする

 

7.売上を3倍にするリスト活用術

 

8.プロダクトローンチを使って爆発的な売上を実現する方法

 

 

本書では、とくに「リストを持つことの価値」を強調しています。私も本書を読むまでは、その価値を十分に理解していませんでした。

 

 

リストを所有する本当の価値とは、「プッシュ型の営業ができるようになる」ということです。

 

 

通常、ホームページを持っていても、あるいはリアルの店舗を構えていても、お客様があなたのサイトや店舗に来るのを、ただひたすら待つしかありません

 

 

それに対して、「プッシュ型の営業」ができるというのは、興味のある見込み客リストに対して、セールの案内を出したり、割引券を送付するなどして、来店を促すことが可能です。

 

 

こちらからアクションを起こして、お客様に営業をかけることができるというのは、リストの数が多ければ、一定の確率で購入や来店が計算できるので、売上が安定します。

 

 

そうしたメリットがあることから、無料のサービス商品のプレゼントをしてでも、見込み客のリスト(=氏名とメールアドレス)を集める価値がある、ということです。

 

 

 

本書では、以下詳しく、見込み客リストの集め方、集めた後の情報提供のやり方、最終的にバックエンド商品の売り方、さらに商品の購入者に対するアフターフォローのやり方まで解説しています。

 

 

実は、商品の購入者に対するアフターフォローをきちんとやることで、リピート購入者、すなわち「ファン」になってもらって売上を安定させるのが、最終的な目的です。

 

 

ビジネスの安定度は、リピート顧客と口コミ紹介によって決まってくる、と言っても過言ではありません。

 

 

そのための「見込み客リスト」は、ビジネスの根幹を成す「重要な戦略情報」となるでしょう。

 

 

本書の後半には、ステップメールフェイスブックをはじめとするSNSの活用など、実践的なテクニックも紹介されています。

 

 

あなたも安定したビジネスを展開していくため、ぜひ本書で提唱する「見込み客リスト」の価値を改めて考え直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業に大切な『見込み客リストの集め方・使い方』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP