『[ポケットMBA] ロジカル・シンキング』

2017.09.29 (金)

「ロジカル・シンキングの目的は、相手を論破することではない。互いの不完全さを認め合いながら議論し、よりよい答えを導き出すことにある。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、人気ビジネススクールグロービス経営大学院および同大学院教授岡重文さんが書いた、こちらの新刊新書です。

 

 

岡重文『[ポケットMBA] ロジカル・シンキング』(PHPビジネス新書)

 

 

この本は、ロジカル・シンキングを身につけるための決定打というのは難しいものの、「確かにそうだよね」ということと、「一手間かけるにはどうすればよいか」について、できるだけわかりやすく表現することを心がけて書かれました。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.「ロジカルに考える」って何だろう?

 

2.「分析」のセンスを磨く

 

3.評価-思考プロセスを透明化せよ

 

4.「仮説」の精度を上げる

 

5.「選択」という大問題-結局、どう決めればいいのか

 

6.「ロジカル」からスタートしよう

 

 

 

この本の中心は、次の4つのテーマで、「しっかり考える」とはどういうことか、そしてその際に「何に気をつければいいのか」という努力の方向性と、組織の中で実際に使っていく際に「意識しておきたいこと」を記しています。

 

 

◆ 分析

 

◆ 評価

 

◆ 仮説

 

◆ 選択

 

 

 

以上の4つのテーマを通して、「ロジカルに考える」ということについて、考察し、実際に使えるスキルにして行こう、ということです。

 

 

まず、「分析」については、「分ける」と、「析」は「木」と「斧」から成り木を斧で小さく切ることを意味しています。つまり、「分析」とは、分解、つまり「分けて考える」ということです。

 

 

そこで、どういう対象で分けるか、というのがポイントで、「定量」(モノ=式ベースで、足し算か掛け算)「定性」(コト=要素かプロセス)という2つの対象で分解できます。

 

 

そして、正解のない世界に必要な「2つの武器」として、「分ける」という行為(分析)を行う際に、次の仮説(思考)が求められる、と本書では指摘しています。

 

 

◆ この「切り口」で切ると傾向が見えるのではないか

 

◆ こんな風に分ける(切り方)と、傾向が見えるのではないか

 

 

 

また、掛け算型分解では、「絶対」と「相対」の両方の視点で考えると良い、と著者は言います。代表例としては、売上「単価×数量×頻度」の3次元で考える、などです。

 

 

さらに、相対視点による分解では、以下の3つを持っておくといい、とこの本では説明しています。

 

 

1.シェア(全体と部分)

 

2.フロー(プロセス)

 

3.トレンド(時系列)

 

 

次に、ビジネスにおける「評価」については、「よいか」「悪いか」を判断することです。そもそもビジネスは「評価」の連続で、変数を揃えることが大切になります。

 

 

 

3番目のテーマとして、「仮説」について、「過去」「現在」「未来」の3つの方向があります。過去の仮説は、「因果」現在の仮説「類推」、そして未来の仮説「予測」になります。

 

 

 

最後の4番目のテーマ「選択」になります。選択にも様々な論点があり、ビジネスに必要なのは、「自己完結型」選択です。さらに、ストーリーとしての妥当性も見る必要があるでしょう。

 

 

そして、分析、評価、仮説、選択の、それぞれの根拠を明確にすることが重要だ、と著者は述べています。

 

 

ロジカルシンキングが身につく、分かりやすい本としては、HRインスティテュートが書いた、こちらの本がお薦めで、文庫本にもなっています。

 

 

 

また本書の最後には、ロジカルシンキングに関する「参考図書」が掲載されていて参考になります。グロービス以外の本としては、次のような書籍が掲載されています。

 

 

 

あなたもこの本を読んで、ロジカルシンキングの基本を学んでみませんか。

 

 

 

私、大杉潤は、「まちの本屋」再生プロジェクトとして、クラウドファンディングにより、読書交流会トークショー・イベントを開催しています。

 

 

ぜひ、一緒に「まちの本屋」を応援しませんか。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/35979

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『[ポケットMBA] ロジカル・シンキング』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP