『リーダーの「やってはいけない」』

2019.05.22 (水)

やりがちだけど「実はやってはいけない」リーダーの行動と、一見変わっているけど「実はうまくいく」リーダーの行動を、対比形式で紹介している本があります。

 

 

本日紹介するのは、1970年生まれ、成城大学卒業後、大手旅行会社、有名学校法人、外資系企業を経て、その後独立して、現在はリフレッシュコミュニケーションズ代表コミュニケーションゼザイナー人財育成コンサルタント上司向けコーチ吉田幸弘さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

吉田幸弘『リーダーの「やってはいけない」』(PHP研究所)

 

 

この本は、「頑張っているのに、どうしてうまくいかないのか」と悩んでいるリーダーに読んでほしいと考えて書かれた書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.やってはいけない「仕事の進め方」

 

2.やってはいけない「部下育成」

 

3.やってはいけない「仕事の任せ方」

 

4.やってはいけない「コミュニケーション」

 

5.やってはいけない「叱り方・ほめ方」

 

6.やってはいけない「会議・面談」

 

7.やってはいけない「休み方」

 

 

 

この本では、残念な上司にならないための「43のルール」が書かれていますが、その「紙一重の違い」〇×形式の対比として示しています。

 

 

 

私がとくに共感し、実践している行動について、リーダーとして一見、常識とは異なるが「やるべき行動」を以下に挙げておきます。

 

 

◆ 適当に計画を立てる

 

◆ 仕組みの運用を確認する

 

◆ 知らないふりをして部下から教わる

 

◆ 部下の行動習慣を変えようとする

 

◆ なぜ、あなたに頼むのかを伝える

 

 

◆ ミスゼロを自ら破る

 

◆ KPIを短期で変化させる

 

◆ 相談禁止の時間を決めておく

 

◆ いくつかの改善方法の中から部下に選ばせる

 

◆ すぐにストレス解消できる方法を持っている

 

 

 

本書の最後で著者は、「どれだけ失敗しても、リーダーであることを決してあきらめないでほしい」と述べています。

 

 

大きな成果を出している一流のリーダーでも、必ず何度も失敗した経験を持っているものだからです。

 

 

 

著者の吉田幸弘さんは、研修やセミナーを通じて、数多くのリーダーの指導・支援をしてきており、こちらの著書も併せて読まれるとさらに理解が深まり、お薦めです。

 

 

 

 

あなたもこの本を読んで、99%のリーダーは知らない、チームの成果を左右するちょっとした「行動」を学び、一流のリーダーを目指してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『リーダーの「やってはいけない」』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP