『共謀 トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』

2018.04.13 (金)

トランプ政権誕生の背景に「共謀」はあったのかロシア諜報の闇を追い、トランプ-プーチン間の秘密のルートを明らかにしていく本があります。

 

 

本日紹介するのは、英紙「ガーディアン」海外特派員として高い評価を受ける記者著述家ルーク・ハーディングさんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

ルーク・ハーディング『共謀 トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』(集英社)

 

 

この本は、次の二つのロシア疑惑の問題について、解明ルートを通して、丹念に闇に切り込んでいる書です。

 

 

◆ ロシアの介入による大統領選挙妨害の可能性

 

◆ 上記ロシアの選挙介入疑惑に対する一連の捜査妨害の疑い(トランプ大統領就任後)

 

 

 

本書は以下の13部構成から成っています。

 

 

1.プロローグ:対面

 

2.歴史の終わり

 

3.やつはちょっとバカなんだと思う

 

4.公開と非難

 

5.ハッキング

 

 

6.ミーシャ将軍

 

7.うさんくさい連中との付き合い

 

8.火曜の夜の虐殺

 

9.共謀

 

10.隷従

 

 

11.ロシアよりカネをこめて

 

12.あるドイツ銀行の奇妙なケース

 

13.エピローグ:2017年~? モスクワ-ニューヨーク-フランクフルト

 

 

 

この本の冒頭で著者は、トランプ大統領が選挙中から、①ロシアにハッキングを促したこと②プーチンを称賛したこと、という二つの事実から、重要な疑惑が浮かび上がる、と指摘しています。

 

 

また、トランプとプーチンは、思想・信条が以下の点で似ているのは確かだ、と本書では述べています。

 

 

◆ 国連などの国際機関を軽視している

 

◆ 欧州連合を嫌っている

 

◆ キリスト教の影響を受けた白人民族主義者

 

 

 

しかし、単にそうした共通点個人的に馬が合う、という以上のものがあるのではないか、と著者は言います。

 

 

この本では、そうした裏に隠された「共謀」などの証拠を、丹念に解き明かして、解明ルートをたどって解説しています。

 

 

具体的に詳細な記述についてはぜひ、この本を手に取ってお読みください。

 

 

あなたも本書を読んで、トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネについて、情報を集めてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『共謀 トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP