『子育ての大誤解』とは?

2016.06.06 (月)

「育児のしかたが子どもの性格と将来を決定する」という「子育て神話」に真っ向から反論している書があります。

 

 

本日紹介するのは、ハーヴァード大学心理学部で修士号を取得し、在野の学者として執筆活動をしているジュディス・リッチ・ハリスさんが書いた、こちらの書です。

 

 

ジュディス・リッチ・ハリス『子育ての大誤解-子どもの性格を決定するものは何か』(早川書房)

 

 

この本は、橘玲『言ってはいけない』(新潮新書)にて紹介されていた書で、新刊本は手に入らず、Amazon中古本でも難しい希少本になっています。

 

 

本書は、世間で常識とされている「子育て」についての神話や原則を、根底から覆す考え方を科学的に明らかにしています。

 

 

まず本書の冒頭で著者は、次のような「子育て神話」は、全て間違いだった、と指摘しています。

 

 

◆ 愛情をこめて抱きしめると、優しい子どもになる

 

◆ 寝る前に本を読み聞かせると、子どもは勉強好きになる

 

◆ 離婚は子どもの学業成績を低下させる

 

◆ 体罰は子どもを攻撃的な性格にする

 

 

「育児のしかたが子どもの性格と将来を決定する」という、「子育て神話」を多くの親が信じ込んでいますが、それは誤りだと著者は言います。

 

 

この本では、古今東西の愉快なエピソードを交えつつ、心理学、人類学、霊長類学、遺伝学などの最新研究を駆使して、子どもの性格形成の本質に迫っています。

 

 

 

本書は以下の15部構成から成っています。

 

 

1.「育ち」は「環境」ではない

 

2.子育て神話はどう生まれ、どう育まれたか

 

3.生まれか、育ちか、それともいずれでもないか

 

4.別々の世界

 

5.別の時代、別の場所で

 

 

6.人間であるということ

 

7.「われわれ」と「彼ら」

 

8.子ども同士のかかわりの中で

 

9.文化を伝える

 

10.ジェンダー論

 

 

11.子どもたちにとって学校とじゃ

 

12.大人になるということ

 

13.機能不全家族と問題を起こす子どもたち

 

14.親にできること

 

15.裁かれる子育て神話

 

 

この本で著者は、子どもの性格形成において、「遺伝」と「環境」がどのように関わるかを考察しています。結論は、「環境」である「子育て」や親の影響は大きくなく、「遺伝子の選択」ということです。

 

 

教育というものの意義や意味を、著しく低下させるような結論だけに、人々は受け入れ難いし、皆うすうす感じていても決して言葉にしない「不都合な真実」ということになります。

 

 

本書では豊富な事例と、研究結果統計データを紹介して、その結論を科学的に説明しています。

 

 

あなたも本書を読んで、「子育ての大誤解」について、深く考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『子育ての大誤解』とは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP