『子育てママがおうちにいながら年収1000万円稼ぐ投資術』

2018.10.24 (水)

北は札幌、南はフィリピン、東はアメリカ、西はイギリスまで、5つの投資用不動産を取得し、子育てをしながらゆとりある生活と将来の安心を手に入れた元OLの投資術が公開されている本があります。

 

 

本日紹介するのは、子育て中の主婦で、非営利型一般社団法人お金のソムリエ協会認定お金のソムリエゴールドマスター賃貸経営博士コラムニスト古川美羽さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

古川美羽『子育てママがおうちにいながら年収1000万円稼ぐ投資術』(セルバ出版)

 

 

この本は、乳幼児を子育て中の主婦が、おうちにいながらプライベートカンパニーのママ社長になり、現役OL時代の4倍の収入になった投資術を披露した書です。

 

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.家にいて子育てしながらもできる! 自分というキャリアをつくろう

 

2.私が行った投資スタイル

 

3.国内不動産について

 

4.女性でもできるDIY

 

 

5.海外不動産にも目を向けて分散投資

 

6.不動産購入後の事件簿! こんなことも起こるよ!

 

7.プライベートカンパニーを活用しよう!

 

8.一歩踏み出すことで人生が変わる

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「人生100年時代に突入し、女性は特に老後が長い」と述べ、専業のリスクを指摘しています。

 

 

つまり、1つだけの収入に頼るのはリスクで、労働以外の収入を考えることを、不動産投資家で作家坂下仁さんから学んだそうです。

 

 

坂下さんは、妻を社長にしたプライベートカンパニーをつくることを提唱していて、古川さんは妻自らが起業を実践した形になっています。

 

 

著者の古川さんは、成功している不動産投資家(大家さん)に学び、そのいいところを吸収して実践しています。

 

 

本書で紹介されているのは、坂下仁さん以外にも以下の方々がいて、それぞれ著書を持っています。

 

 

 

もともと不動産や投資に関する知識もなかった著者が、ステップを踏んで不動産投資を手がけるようになった経緯がこの本では述べられていて参考になります。

 

 

 

主な具体的ステップを以下に紹介します。

 

 

◆ 4つの生活費(①保険や携帯電話など固定費、②節水シャワーヘッド、③クレジットやポイントカードの有効利用、④外食費)見直し

 

◆ お金持ちの習慣をまねる

 

◆ 心に浪費か消費か投資かを問いかける

 

◆ 夫に協力してもらう

 

◆ 最初は小さなもので

 

◆ 経験値を積み上げる

 

 

◆ 調査は念入りに

 

◆ ヒアリングが大切

 

◆ 不動産はご縁

 

◆ 尊敬できるメンターを探し、指導いただく

 

◆ 学んだら実践する

 

◆ 100円ショップの小物も活用して家族で作業

 

◆ 通貨分散で海外不動産投資

 

◆ 海外不動産のデメリットを理解(流動性、情報不足、法律・税制、物件管理)

 

 

 

本書の終盤では、不動産購入後のトラブル事例プライベートカンパニーの活用について解説されています。

 

 

 

最後に、一歩を踏み出せない人へのアドバイスとして、次のことを著者は提示しています。

 

 

◆ ご縁は人から入ってくる

 

◆ コミュニティーに入る大切さ

 

◆ 仲間を持ち、モチベーションを維持する

 

◆ 他の道へも展開(講師業、情報発信)

 

◆ とにかく一歩を踏み出す

 

 

◆ 行動を習慣化

 

◆ 想像し、潜在意識にアプローチ

 

◆ 真似から入ろう

 

◆ イメージしてみる

 

◆ メンターの真似を少しずつ

 

 

 

あなたも本書を読んで、人生を変える一歩を踏み出してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、2018年10月末までにメルマガ登録いただければ、無料で差し上げます。

 

 

 

2018年11月上旬に発刊されるメルマガへの登録は、以下のリンクをクリックしてください!

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『子育てママがおうちにいながら年収1000万円稼ぐ投資術』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP