『心を休ませるために今日できる5つのこと』

2018.07.10 (火)

ハイペースな現代の生活の中で、疲れ切った頭と心を抱える私たちが、小さな工夫を少しずつ実行することで、心を休ませて、自分が持つ能力を最大限に生かす「マイクロ・レジリエンス」という方法を提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、パラリンピックのスキー選手として活躍した後、リーダーシップ専門家となったボニー・セント・ジョンさんと、映画・テレビ業界で販促キャンペーンを担う中堅企業数社のCEOを務めてきた、アレン・P・ヘインズさんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

ボニー・セント・ジョン、アレン・P・ヘインズ『心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする』(集英社)

 

 

この本は、たまったストレスをリセットして、あなたの最高のパフォーマンスを引き出すための5つのメソッドを紹介している書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.脳の使い方を切り替えるー効率的に考え、整理し、実行する

 

2.原始的な恐怖をリセットするー情動のハイジャックを止める

 

3.思考のクセを見直すーポジティブ思考にスパイラルアップ

 

4.体をリフレッシュするー体の燃焼効率を高める

 

5.心を活性化するー目的の力を利用する

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「人生にはマニュアルがない。だがこの本を読めば、私たちが心を込めて贈る最高の贈り物ー心の折れない生活を送るための実用的で使いやすいガイドーを見いだしてもらえるだろう。」と述べています。

 

 

一般的に、「レジリエンス」とは「折り曲げられたり、圧縮されたり、引き伸ばされたりしたのちに、もとも形状に戻る力」と定義されますが、本書では違った意味で使っており、普通よりよい形に戻す方法に焦点を当てています。

 

 

著者たちは、有名なスポーツ心理学者で、『メンタル・タフネス 成功と幸せのための4つのエネルギー管理術』(CCCメディアハウス)の共著者でもあるジム・レイヤー博士テニスプレーヤーたちの調査研究から導き出した「最高のプレーを続けるための共通の行動習慣」に注目しました。

 

 

それは、テニスのトッププレーヤーたちが、強烈なプレッシャーのもとで最高のプレーを続けることを可能にする習慣で、プレーとプレーのあいだにやっている共通の行動パターンでした。

 

 

その特定の動作により、彼らはエネルギーの回復とポジティブな集中力の維持を図っていたのです。

 

 

そして、著者のアレン・P・ヘインズさんは、神経科学、心理学、生理学の分野の研究を徹底的に調べ、人のエネルギーを徐々に奪う特定の力を把握し、すばやく効率的に立ち直るための「5つの戦略」を考案して、「フレームワーク」と名付けました。

 

 

それは、自分自身の生き方を見つめる新しい方法を含む、次の5つの戦略です。

 

 

1.脳の使い方を切り替える

 

2.原始的な恐怖をリセットする

 

3.思考のクセを見直す

 

4.体をリフレッシュする

 

5.心を活性化する

 

 

この5つのテクニックから成る「マイクロ・レジリエンス」は、1日を通じてごく小さいことを少しずつ変えていくというもので、あなたのエネルギーと生産性を飛躍的に高めることができます。

 

 

 

マイクロ・レジリエンステクニックについて、具体的な詳細の手法は、巻末に掲載された「簡易マニュアル」に記されていますが、主なポイントを以下に挙げておきます。

 

 

 

1.脳の使い方を切り替える

 

 

◆ ゾーンによる切り替え

 

◆ 脳への負担を減らす切り替え

 

◆ 決断の切り替え

 

◆ 運動による切り替え

 

 

 

2.原始的な恐怖をリセットする

 

◆ ラベリングによるリセット

 

◆ 意識的なリラクゼーションによるリセット

 

◆ 感覚のリセット

 

◆ パワーポーズによるリセット

 

 

 

3.思考のクセを見直す

 

 

◆ ジョイキットによる見直し

 

◆ ABCDEモデルによる見直し

 

◆ 逆転発想法による見直し

 

◆ 「3つのP」→「3つのC」による見直し

 

◆ 日々の見直し

 

 

 

4.体をリフレッシュする

 

 

◆ 水分補給によるリフレッシュ

 

◆ 血糖バランスによるリフレッシュ

 

 

 

5.心を活性化する

 

 

◆ 試金石による活性化

 

◆ スケジュールによる活性化

 

◆ フローによる活性化

 

 

 

この本の最後で著者は、「マイクロ・レジリエンス人間OSのアップグレードと考えてみよう。」と呼び掛けています。

 

 

つまり、「気分の回復」や「仕事ぶりの改善」以上のことを経験し、「もっと自分らしく」なりまったく新しい生き方をしている、と述べています。

 

 

あなたも本書を読んで、マイクロ・レジリエンスで、心を休ませ、明日のエネルギーをチャージする体験をしてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『心を休ませるために今日できる5つのこと』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP