『健康長寿のための医学』

2019.07.10 (水)

糖尿病、認知症など具体的な病気の最新知見とともに、人生の早い時期から自分の体について考える「ライフコース・ヘルスケア」発症する前に予防する「先制医療」などを近年の研究成果に基づいて解説している書があります。

 

 

本日紹介するのは、1931年生まれ、京都大学医学部を卒業、内分泌・代謝学を専攻し、京都大学教授、京都大学医学部長、京都大学総長を務めたのち、総合科学技術会議の議員として、日本の科学技術政策に関わる井村裕夫さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

井村裕夫『健康長寿のための医学』(岩波新書)

 

 

この本は、高齢社会の日本において、早い時期から人生の全体を通して健康に注意する、いわゆる「ライフコース・アプローチ」が必要になっていることを説いている書です。

 

 

 

本書は以下の10部構成から成っています。

 

 

1.少子高齢化とその社会への影響

 

2.高齢社会で問題となる疾患、NCD

 

3.環境の変化はNCDにどのように影響するか

 

4.NCDにどこまで遺伝が関与するか

 

5.早期の環境因子の影響と新しい学説、DOHaD説

 

 

6.人の生活史の特徴と、それに基づくヘルスケア

 

7.高齢期の健康-サクセスフル・エージングのために

 

8.ライフコース・ヘルスケア-新しい健康管理

 

9.先制医療-医学の新しい挑戦

 

10.健康長寿社会を実現するために-一人ひとりが主役の未来

 

 

 

この本の冒頭で著者は、人口構成の変化について解説しています。

 

 

 

次に、増加するNCD(=非感染性疾患:がん、心血管系疾患、動脈硬化、糖尿病、認知症など)マイクロビオームのメカニズムについて解説しています。

 

 

 

さらに、人生の早期の環境因子高齢期の健康ライフコース・ヘルスケアについて、順に説明しています。

 

 

詳細についてはぜひ、この本を手に取ってお読みください。

 

 

 

また、高齢期のサクセスフル・エイジングや、予防医療をさらに進めた「先制医療」という考え方を説明しています。

 

 

 

こうした動きは、遺伝子医療や、ビッグデータの活用により可能になったものであり、その実現のためには何よりも「健康教育」が必要だ、と著者の井村さんは述べています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、高齢社会の中で「健康長寿」を目指してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『健康長寿のための医学』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP