『結婚不要社会』

2019.05.25 (土)

「結婚できない人はなぜ増えたのか」と問いかけ、「それは単に、男女の意識変化ではない。そうではなく、結婚をめぐる社会、とりわけ経済状況が変わったのだ」という説を展開している本があります。

 

 

本日紹介するのは、1957年生まれ、東京大学文学部卒業東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、現在は中央大学文学部教授で、家族社会学を専門とする山田昌弘さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

山田昌弘『結婚不要社会』(朝日新書)

 

 

この本は、「婚活」を提唱してきた社会学者の著者による、激動の平成男女を総括する「結婚社会学の決定版」と言える書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.結婚困難社会-結婚をめぐる日本の現状

 

2.結婚再考-なぜ結婚が「必要」なのか

 

3.近代社会と結婚-結婚不可欠社会

 

4.戦後日本の結婚状況-皆婚社会の到来

 

5.「結婚不要社会」へ-近代的結婚の危機

 

6.結婚困難社会-日本の対応

 

 

 

この本の冒頭で著者は、日本も欧米のような「結婚不要社会」にはならず、結婚したい人が結婚できない「結婚困難社会」になっている、と述べています。

 

 

そしてそのターニングポイントは、1990年代半ばで、当時は「晩婚化」と言われていたが、実は「未婚化」である、と著者は提唱していました。

 

 

 

では、結婚できない人が増えたのはなぜか。経済・社会環境が変わった、すなわち経済の低成長という構造的要因なので、将来的にも結婚できない人が増え続ける、ということです。

 

 

 

本書によれば、「未婚化」のロジック現象は、以下のようになります。

 

 

◆ 女性は、結婚後の生活を考えて相手を選ぶ(男性の収入重視)

 

◆ 男性は、それぞれ自分の「好み」で相手を選ぶ

 

◆ 恋愛が不活発化しているために結婚が減っている

 

◆ 結婚はしたくたもしにくいもの、という意識への変化

 

◆ 1997年アジア金融危機以降、若年の男性がずっとアルバイトや派遣で生活するように

 

◆ ここ20年で、非正規雇用が増えるに従って、なかなか収入が上がらない状況に

 

 

 

この本の中盤以降では、北西ヨーロッパやアメリカにおける結婚観の変化や、日本の近代社会、とくに高度成長期における「皆婚社会」の背景を詳しく解説しています。

 

 

とても読み応えのある記述ですので、興味ある方はぜひ、本書を手に取ってお読みください。

 

 

 

さらに、欧米の「結婚不要社会」日本の「結婚困難社会」を対比させて、それぞれの特徴を論じています。

 

 

 

この本の最後では、日本の結婚の未来形が示されています。ポイント経済と世間体がどう変化するのか、ということです。

 

 

 

あなたも本書を読んで、日本の結婚困難社会化に、どのように対処していけばよいかを、真剣に考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『結婚不要社会』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP