『考える力をつける3つの道具』

2017.11.21 (火)

教育の現場で、子どもたちが「考える力」をつけるために、イスラエルの物理学者であるエリヤフ・ゴールドラット博士によって編み出された「考える力をつける3つの道具」を紹介した本があります。

 

 

本日紹介するのは、日本TOC推進協議会理事で、株式会社ゴールドラッド・コンサルティング・ジャパン代表取締役岸良裕司さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

岸良裕司『考える力をつける3つの道具』(ダイヤモンド社)

 

 

この本は、自然科学をベースに開発されたTOCを、教育のために活用する「TOC fE 」として、普及するために紹介されている書です。

 

 

この本を読めば、以下のような効果があると紹介されています。

 

◆ ものごとをわかりやすく整理できるようになります

◆ 失敗から学び続けることができるようになります

◆ ものごとを論理的に考える力がつきます

◆ 対立した状況でも、それを活用してブレークスルーを考えられる力がつきます

◆ 夢と現在の自分のつながりが見えて、目標達成のためのやる気が高まります

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.考える力をつける3つの道具

 

2.ごちゃごちゃスッキリ!-ブランチ

 

3.もやもや解消!-クラウド

 

4.どんよりバイバイ!-アンビシャス・ターゲットツリー

 

 

 

この本の冒頭で著者は、社会に出ると「正解のない問題」に数多く直面し、次のような力が必要になると述べています。

 

 

◆ 教科書に載っていない問題を解決する力

 

◆ ものごとをちゃんと考える力

 

◆ ものごとをシンプルに解き明かし、解決する力

 

◆ もめごと、ジレンマによる悩みをスッキリと解決する力

 

◆ みんなと協力しながら、ものごとを成し遂げる力

 

◆ 相手の立場になって考える力

 

 

 

そして、「考える力をつける道具」として、著者は次の3つを紹介・解説しています。

 

 

1.ブランチ: ごちゃごちゃした現実をスッキリと整理する道具

 

2.クラウド: ジレンマの構造をわかりやすく整理し、もやもやを解消する道具

 

3.アンビシャス・ターゲットツリー: どんよりした将来にバイバイし、目標を実現する道筋を見つける道具

 

 

 

それぞれの道具の詳細についてはぜひ、本書を実際に手に取ってお読みください。ここではポイントになることを以下に挙げておきます。

 

 

◆ 「つながり」を大事にして考えるということが、論理的に考えること

 

◆ 原因と結果の関係で考える

 

◆ これから何が起きるか、論理的に考えて先を読む

 

◆ 失敗から学び続けるプロセスは、本来は楽しい

 

◆ 前提を変える発想の転換も大事(変えられるのは「行動」だけではない)

 

◆ 思い込みを解消することで、対立を解消する解決策が見つかる

 

 

◆ 相手がわからなかった時こそ、論理の飛躍を埋め、知識を進化させるチャンス

 

◆ 目標を書き、目標の達成を阻む障害を考える

 

◆ 中間目標と中間目標達成のための行動、順序を考える

 

◆ 「仮定」を常にチェックせよ!

 

◆ 教えることが最大の学びになる

 

 

 

またこの本の最後で著者は、ゴールドラット博士が言う「科学者の心を持つ」ための4つの信念を紹介しています。以下の4つです。

 

 

1.ものごとはシンプルである

 

2.人はもともと善良である

 

3.ウィンウィンは常に可能である

 

4.わかっているとは決して言わない

 

 

あなたも本書を読んで、「考える力をつける3つの道具」について学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『考える力をつける3つの道具』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP