『自由な働き方をつくる「食えるノマド」の仕事術』とは?

2015.11.22 (日)

「時間、場所、所属の自由を手に入れて働くワークスタイル」である「ノマド」を分析し、定義している書があります。

 

 

本日紹介するのは、人材コンサルタントで大学講師でもある常見陽平さんが書いた、こちらの書です。

 

 

常見陽平『自由な働き方をつくる「食えるノマド」の仕事術』(日本実業出版)

 

 

 

この本は、本当にノマドで食べていくための仕事術について書いていて、「働き方」を「つくる」ということを提唱しています。

 

 

自分自身が日々の仕事の中で、意識し、頭を使い、汗をかいて一生懸命つくりあげるものが、「自由な働き方」だと著者は言います。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.ノマドという自由な働き方が注目される理由

 

2.自由な働き方のリアルを知る

 

3.あなたは自由な働き方に向いているか?

 

4.自由な働き方のヒント[ 基本スキル編 ]

 

5.自由な働き方のヒント[ 大事な哲学編 ]

 

 

 

本書では、これまで「ノマド」に関して様々に論じられている書籍やキーパーソンなどを整理して紹介してくれています。

 

 

書籍については、以下のようなノマドに関する「古典的名著」として、次のような書が挙げられています。

 

 

 

 

 

 

本書の中で、私が感銘を受け、強く共感した箇所は、上記構成の3番目「あなたは自由な働き方に向いているか?」にある「大人の自己分析」というものです。

 

 

自己分析の代表的な方法として、著者は以下の4つの方法を挙げており、私の経験上、これらはとても有効な手法です。

 

 

1.自分史分析

 

2.ライフラインチャート作成法

 

3.ジョハリの窓

 

4.診断プログラムの活用

 

 

4番目の「診断プログラム」については、就職活動をした方はリクルートマイナビなどで経験していると思いますが、私がとくに当たると思うのは「V-CAT」というユニークな測定法で、日本能率協会などで扱っています。

 

 

こうした「自己分析」のことを、私は、自分の「人生棚卸」と読んでいて、「少人数制講座」のプログラムで最初に採り入れています。

 

 

本書の後半では、「ノマド仕事術」のポイントが具体的に書かれていて、心構えやスキルなどが実践的で参考になります。

 

 

 

あなたも、本書を読んで、「自由な働き方」「ノマド」について、考察を深めてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

自分が主役の人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『自由な働き方をつくる「食えるノマド」の仕事術』とは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP