『人生100年時代 シニアの賢い生き方』

2017.04.14 (金)

人生100年時代を迎えた今、この10年で新たに深刻さを増している「社会問題」がある、と指摘している本があります。

 

 

本日紹介するのは、治田会計事務所長で、文化庁の会議委員も務める治田秀夫さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

治田秀夫『人生100年時代 シニアの賢い生き方-長寿・格差・訴訟社会をどう生きるか』(ごま書房新社)

 

 

この本は、この10年で深刻さを増している、以下のような「社会問題」について、人生100年時代である現在、どのように対処していけばよいかを提唱しています。

 

 

◆ 老老介護

 

◆ 孤独(死)

 

◆ 定年延長

 

◆ 生涯現役

 

◆ 熟年再婚・離婚

 

◆ 未婚者急増

 

 

◆ パラサイト

 

◆ 空き家

 

◆ 年金減

 

◆ 医療費増

 

◆ 富裕と貧困(格差問題)

 

 

これらの問題は、「世の中の動きを知る」こと、および「知っておきたい常識」を理解することで解決できるものです。

 

 

 

本書は以下の3部構成から成っています。

 

 

1.長寿社会とシニア-賢いシニアの円満相続-

 

2.長寿社会とシニア-世の中の動きを知る-

 

3.長寿社会とシニア-知っておきたい常識-

 

 

この本では、相続が「争続」になってトラブルを起こす事例や、そうしたトラブルを回避するための備えや工夫について、専門家の立場からアドバイスをしています。

 

 

また、シニアの心構えとして、日々の生活の中でどのような工夫をすればよいか、そのヒントを提示していて参考になります。私がとくに役に立つと感じたポイントを以下に挙げておきます。

 

 

◆ 生涯現役の秘訣は、すべてに「適度」に対処すること

 

◆ 平均寿命だけでなく「健康寿命」を伸ばすことが大切

 

◆ エンディングは何事も「自衛精神」で

 

◆ 空き家特措法に注意

 

 

あなたも本書を読んで、人生100年時代のシニアの賢い生き方を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『人生100年時代 シニアの賢い生き方』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP