『自己PRの半分は価値観でできている』

2017.11.26 (日)

わくわく自己PR塾誌上講義『7つ星の自己PRをあなたへ』第2弾で、自己PRの半分のウエイトを占める「価値観」に関する書籍が刊行されました。

 

 

本日紹介するのは、3年間で2,000人の自己PR指導を行っている、自己PRコンサルタント森田恒行さんが書いた、こちらの電子書籍です。

 

 

森田恒行『自己PRの半分は価値観でできている: 自分軸で生きるための第一歩 わくわく自己PR塾Vol.2』(Kindle版)

 

 

この本は、先般、刊行された『7つ星の自己PRをあなたへ なぜ日本人は自己PRが苦手なのか わくわく自己PR塾』(Kindle 版)第2弾となる続編です。

 

 

わくわく自己PR塾誌上講義Vol.1の書籍はこちらです。

 

 

書評を掲載している2017年11月7日付ブログは、こちらのリンクからどうぞ。

 

『7つ星の自己PRをあなたへ』

 

全体を網羅する総論となっている第1弾の書では、自己PRとは、「自分が、誰に何をすることで世の中に貢献しているのか」自分の言葉で伝えること、と定義しています。

 

 

そして、「未来」への「自分の想いや考え方」を「相手目線」で伝えることによって「共感」が起こる、と説明しています。

 

 

さらに、ベースとなる「7つの要素」を、以下の七つ星として、自己PRの基礎として提唱していました。

 

1.価値観(あなた自身の価値観)

2.信念(あなたの仕事に対する信念)

3.自信(専門家としての誇り)

4.ターゲティング(理想とするお客様像)

5.キャッチコピー(お客様にお約束できること)

6.ブランディング(商品・サービスの価値)

7.伝え方(どの順番で何をどう伝えるか)

 

 

今回の第2弾は、「7つの要素」の最初に挙げられ、且つ最も大切で、半分のウエイトを占める「価値観」について詳しく解説したものです。

 

 

この本の冒頭で著者は、「価値観」とは、「何が好きか、何が嫌いか」「何が大切か、何が大切じゃないか」ということで、人それぞれで違うものと定義しています。

 

 

そして、「価値観」は、「経験」と「環境」の2つの要素によって構成され、衣・食・住・遊・学・人・健・仕・家の9つに分かれ、そのすべてに「お金」が関わっています。

 

 

つまり、世の中に全く同じ「価値観」の人はいないので、相手の価値観を「受け入れる」のではなく「受け止める」ことが大切だ、と著者は言います。

 

 

さらに、幸せとは「価値観が明確」で、それを実際に手に入れている状態のことだ、と本書では説明しています。

 

 

 

また、自己PRとは次の4つの順番によってつくられます。

 

 

1.自分を知る

 

2.自分を理解する

 

3.相手を理解する

 

4.ことばをつくる

 

 

 

この中で「自分を知る」とは、「自分の価値観を知る」ことで、「ことば」にすることによって初めて、自分のことを客観的に理解できるようになる、と著者は言います。

 

 

まず大切なのは、自分の想い想いを「ことば」にする工程で、これを「最初の0歩」と、著者は位置づけています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、自分の想いをことばにすることによって、自分の価値観を知り自己PRの「最初の0歩」を踏み出してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『自己PRの半分は価値観でできている』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP