『一流と言われる3%のビジネスマンがやっている誰でもできる50のこと』

2017.08.10 (木)

「一流のビジネスマンには、習慣や考え方の共通点がある。それを学び、意識して実行することで、活躍できる人になれる!」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、昨日に続き、エグゼクティブ系の人材紹介会社を経て2005年に独立して、アクティベイト株式会社を設立、社長になった海老一宏さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

海老一宏『一流と言われる3%のビジネスマンがやっている誰でもできる50のこと』(明日香出版社)

 

 

この本は、15年間で6000人以上のエグゼクティブと面接し、人材紹介をしてきた著者が、ビジネスパーソンとして周囲から尊敬され目標とされる「わずか3%に人」に焦点を当てて書かれたものです。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.外見 編

 

2.仕事のやり方 編

 

3.コミュニケーション 編

 

4.マナー 編

 

5.プライベート 編

 

6.キャリア 編

 

7.メンタル 編

 

 

この本は、上記の7部構成の中で、「一流と言われる3%のビジネスマン」がやっている全部で「50のこと」が、「停滞する人」「消える人」との対比で、「活躍する人」の習慣として記されています。

 

 

私の経験から得られた「大切なこと」と共通する事柄も多く、とくに共感する習慣を以下に挙げておきます。

 

 

◆ 必ず鏡を見て外見をチェックする

 

◆ 誰も見ていないところでも、いつも姿勢がいい

 

◆ 自信を持ってクロージングする

 

◆ 結果が出るように数多くの工夫をしている

 

◆ 未来に繋がる話をする

 

 

◆ 会話の流れを自らつくり出せる

 

◆ 相手の短所や欠点に、その人のいいところを見出せる

 

◆ さりげなくマナーをこなしている

 

◆ 趣味でも意地になって一番を目指す

 

◆ 遊びで自分を磨く

 

 

◆ 食事、睡眠、運動それぞれに自分のこだわりがある

 

◆ 自分の独創性を伸ばすために本を読んでいる

 

◆ オンリーワンを目指して情報のアウトプットをしている

 

◆ SNSを積極的に活用して自分のブランディングをしている

 

◆ 成功するまで何年でもやり続けられる

 

◆ 逆境をバネにして前に進む

 

 

本書の最後で著者は、「自分なんてちっぽけなもの」「いろんな価値観がある」と心から思って社会や他人と接することが大切だ、と述べています。

 

 

一流を目指すのであれば、世の中が自分中心に回っていないことを当たり前に知るべきだ、と著者は言います。そして、「自分に都合が悪いことも、いつも起きる」と割り切るべきだ、ということです。

 

 

今後も活躍できる人は、「頭がとても柔らかく時代を先読みできて、かつ自分のポリシーをしっかり持っている人」というのが、この本の結論です。

 

 

あなたも本書を読んで、「一流と言われる3%のビジネスマン」がやっている「50のこと」を実践してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『一流と言われる3%のビジネスマンがやっている誰でもできる50のこと』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP