『ほぼ日刊イトイ新聞の本』

2017.01.31 (火)

『ほぼ日刊イトイ新聞』という人気WEBサイトに関する「早すぎる社史」のような本があります。

 

 

本日紹介するのは、コピーライター糸井重里さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

糸井重里『ほぼ日刊イトイ新聞の本』(講談社文庫)

 

 

この本は、100万アクセスの超人気HPとなった『ほぼ日刊イトイ新聞』について、その誕生の理由や経緯、そしてその後の状況について、運営者で著者である糸井重里さん自身が、本音を語っている書です。

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.ぼくが『ほぼ日』をはじめた理由

 

2.とにもかくにもはじまった

 

3.「いま仕事が流行っている」

 

4.『ほぼ日』をはじめて気づいたこと

 

 

5.もう一度よく考えてみた

 

6.『ほぼ日』に風が吹く

 

7.『ほぼ日』幼年期の終わり

 

8.その後の『ほぼ日』

 

 

この本は、「『ほぼ日』はビジネスになるかどうかわからない」と言って始まった『ほぼ日刊イトイ新聞』のすべてが書かれている本です。

 

 

本書の中で、著者の糸井さんは率直に、『ほぼ日』という仕組みについて語っています。とくに以下の言葉は印象的です。

 

 

◆ イニシアティブは自分

 

◆ お金で頼めない人に頼む

 

◆ コンテンツが本になる

 

◆ 正直者が得をする社会へ

 

◆ 独自のバリューを作り続ける

 

◆ 動機がある人が集まる、それが『ほぼ日』の理想像

 

◆ 読み手が作り手、という構造

 

◆ 「すべてはコンテンツなのだ」という考え方

 

◆ 幸福観が、選ばれる時代に

 

 

この本は、巻末の重松清さんの解説にもある通り、『ほぼ日』が、なぜ、生まれたのか、どんなふうに生まれたのかが書かれています。

 

 

また、糸井さんとスタッフがどんな理想を掲げ、どんな現実の壁にぶつかり、どんな葛藤があり、、そしてどんな喜びがあったのかを語っています。

 

 

本書は、NHK番組の「プロジェクトX」のようにも読めるし、糸井重里さんのインターネット論、組織論、経営論として読むこともできます。

 

 

あなたも本書を読んで、『ほぼ日刊イトイ新聞の本』を読んで、人生の参考にしてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ほぼ日刊イトイ新聞の本』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP