『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは三人称で考える。』

2018.06.18 (月)

ビジネスで成功する人にいは、共通した特徴があります、それは「客観的に自分を見つめる “ もう一人の自分 ” を持っている」ということです、と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、日本経営教育研究所代表で、経営コンサルタントとして、中小企業から大企業まで幅広くコンサルティング活動を行い、毎年の講演回数は100回以上ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する「高収益トップ3%倶楽部」を主宰する石原明さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

石原明『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは三人称で考える。』(アスペクト)

 

 

この本は、ズバリ、著者の石原明さんの頭の中身です。テーマ「人称」によるものごとのとらえ方と思考法を理解してもらうことです。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.なぜ「人称視点」という新しい尺度が必要なのか

 

2.なぜ「一人称」ビジネスマンではダメなのか

 

3.三人称視点はビジネスの境界線

 

4.あなたの危機を救うメタ認知

 

5.一つ上の人称でステップアップ

 

6.誰にでも訪れる「三人称」の危機

 

 

 

この本の冒頭で著者は、ビジネスで成功する人には共通の特徴があり、それは「バランス感覚に優れている」こと。そして彼らのバランスのよさは、「客観的に自分を見る目」にある、と石原さんは言います。

 

 

 

本書で定義している人称による思考法の違いと、対応する企業組織は、以下の通りです。

 

 

◆ 一人称: 自分中心で試行している状態(自分目線、スペシャリストや特殊技能者、~1週間)

 

◆ 二人称: 自分の行動に対して、相手から自分がどう見えているかを思考できている状態(相手目線、現場スタッフ、~1ヶ月)

 

◆ 三人称: 自分が誰かにしていることが、相手だけでなく回りがどう見ているかも思考できている状態(まわり目線、現場のリーダー、~3ヶ月)

 

 

 

これよりさらに上の目線として、次のような人称も解説されています。

 

 

◆ 四人称: マーケット目線、部門のリーダー、1~3年

 

◆ 五人称: 業界目線、経営者、5~10年

 

◆ 六人称: 業界のリーダー、10~30年

 

◆ 七人称: 業界・日本を代表するリーダー、30~50年

 

◆ 八人称: 神の領域、悟りに近い思考、50~100年

 

 

 

著者の石原さんは、「人称視点はリーダーの育成に最適なツール」として、「三人称」視点および「多人称」視点を身につける方法として、次の5点を挙げています。

 

 

1.自分(自社)に適した人称の範囲を規定する

 

2.思考の範囲を広げるために、目線を高くする、引いて考える

 

3.問題に中に自分を入れない、人ごととして考える

 

4.登場する人物の数を増やして思考する

 

5.時間軸を長くする

 

 

ここで説明した「多人称」視点を自在に使い分けたり、客観的視点に立った多人称視点の自分という感覚を持てば、殆どの問題は解決する、と著者は言います。

 

 

 

さらに本書の後半では、認知心理学でいう「メタ認知」「メタ推論」についても、解説しています。

 

 

「メタ認知」とは、自分に対する認知そのものを認知すること。つまり、自己の認知モニターしたり、コントロールするという側面から構成されています。

 

 

また「メタ推論」とは、自分を超えた他社の視点で推論すること。つまり、他者が自分をどのように見ているかを、他者の視点になってみて推論することです。

 

 

 

この本の最後で著者は、なるべく早く社内に「人称」を取り入れることを提唱しています。

 

 

それによって、社内のコミュニケーションもスムーズになり、すっきりと連携が取れた組織に変わる、と著者はの寝ています。

 

 

あなたも本書を読んで、すべてが見えてくる「飛躍の法則」である、ビジネスを「人称」で考えることを取り入れ、実践してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは三人称で考える。』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP