『人を許すことで人は許される』

2017.10.08 (日)

「人生で一番辛いのは、失敗を許してもらえないことです。人の失敗を許しましょう。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介したいのは、博報堂のCMプランナーを経て、執筆活動に入り、恋愛エッセイ小説、から人生論ビジネス書まで幅広く1,000冊を超える本を出版している中谷彰宏さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

中谷彰宏『人を許すことで人は許される』(PHP文庫)

 

 

この本は、不器用な生き方しかできないすべての人に贈る101のメッセージ集です。

 

 

「101の言葉すべてが、今のあなたに必要な言葉とは限りません。」と著者は言います。ピンと来なかったら、読み飛ばしながら目を通すと、きっと得られるものがあるでしょう。

 

 

 

本書は「101の言葉」とその解説各1ページ2ページずつの構成になっています。

 

 

私がとくに心に響いた言葉を以下に紹介します。

 

 

◆ 人生は1億点満点のテスト。0点と100点の差なんて、大したことない。

 

◆ 「もう終わりだ」と思った瞬間から、戦いは始まっている。

 

◆ 挑戦とは、大きなことをすることではない。明日するちいさなことを、今日することだ。

 

◆ 熱意はスピードでしか表現できない。神様を動かすのは、スピード、スピード、スピード。

 

◆ 選択肢は2つ。今やるか、一生やらないか。

 

 

◆ したい人、10000人。始める人、100人。続ける人、1人。

 

◆ 感謝には、あらゆる障害を乗り越えるエネルギーがある。

 

◆ 人生は、混んでいる駐車場ビルのようなもの。1階上がるだけで、ガラガラ。

 

◆ 壁にぶつかった人は幸せだ。壁までたどり着けない人が、大勢いるんだ。

 

◆ 神様は、駅の改札のようなもの。堂々としていれば通れるけど、ビクビクしていると通れない。

 

 

◆ 天才は、努力をしていないのではない。努力の跡を消しているのだ。

 

◆ 諦めるというのは、積極的な生き方だ。

 

◆ ムダ足とわかっていて、足を運ぶ人が成功する

 

◆ 人生に1つくらい取り返しのつかないことがあったほうがいい

 

◆ 「負け」を決めるのは、相手でも審判でも神様でもない。あなたが認めないかぎり、「負け」ではない。

 

◆ どんあ大きな悩みごとも、蚊に刺されてかゆい時は、忘れてしまう。

 

 

 

この本の最後に著者は、本を読んだときに2通りの反応を示す人間がいる、と指摘しています。

 

 

1つは、101個ある言葉を読んで、「このひと言が納得できない」と手紙を出す人

 

 

もう1つは、「このひと言に涙が出た。」という手紙を出す人

 

 

納得できないひと言にこだわるより、心に沁みるひと言を大事にしてください、と著者は言います。しばらくしてもう一度読み直してみると、きっとまた別の言葉が心に沁みてくるはずだ、ということです。

 

 

あなたも本書を読んで、勇気をもらえる言葉との出会いを求めてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『人を許すことで人は許される』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP