『ヒトは7年で脱皮する 近未来を予測する脳科学』

2019.01.04 (金)

「ヒトの脳には周期がある」と提唱して、新発想がほしいときに使える時間のビュー「感性トレンド」について脳科学の観点から考察している本があります。

 

 

本日紹介するのは、1959年生まれ、奈良女子大学理学部物理学科を卒業し、人工知能の研究開発に従事した後、2004年に脳機能論とAIの集大成による語感分析法「サブリミナル・インプレッション導出法」を発表して、現在は感性分析の第一人者(株)感性リサーチ代表取締役黒川伊保子さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

黒川伊保子『ヒトは7年で脱皮する 近未来を予測する脳科学』(朝日新書)

 

 

この本は、脳は7という数字(マジカルナンバー7)「特別の感覚」を覚え、ヒトの感性やその集合体である流行も、7年・14年・21年・28年で変わり28年で正反対に、56年で元へ戻る、という法則を中核とする「感性トレンド研究」の成果を解説している、「時代の風を読む」脳科学の書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.はじめに

 

2.脳には感性の周期がある

 

3.感性トレンドで時代を読み解く

 

4.「今」を読み解く

 

5.おわりに~時代は私の前で裸になった?

 

 

 

この本の冒頭で著者は、2016年のアメリカ大統領選で、トランプ大統領が「メキシコの壁」を口にしたときの衝撃を紹介しています。

 

 

著者の黒川さんは、「時代の風」を読まなければならないときに、7年前、28年前、56年前に何が起こったかを起点に考えると、「今」がつかめると述べていて、「ベルリンの壁」ができたのが1961年だったことが閃いたそうです。

 

 

もし、トランプ大統領が誕生して、最初の年の2017年に「メキシコの壁」ができたら、それは「ベルリンの壁」からちょうど56年目になるからです。

 

 

「ベルリンの壁」はできてから28年目の1989年に突然、崩壊してしまいました。

 

 

この例を最初に提示したのは、新発想法の一つとして、7年周期でヒトの感性が変わり28年目で正反対、さらに28年経った56年目で元へ戻る、という脳科学の感性研究の成果を説明する導入とするためです。

 

 

 

本書の前半では、脳には7という数字に「特別の感覚」を覚える性質があり、アメリカの心理学者ジョージ・ミラーの論文 “ The Magical Number Seven, Plus Minus Two ” のタイトルに使われた「マジカルナンバー7」という用語や、具体的な事例を以下の通り紹介しています。

 

 

◆ 電話番号は7桁以内なら90%の人が記憶できる(8桁になると10%に低下)

 

◆ 脳には「全体」を表すテーブルがあり、座席は7つある(新しい概念の説明は7つの属性で説明すると腹に落ちる)

 

◆ 7つの法則、7つの習慣、七福神、7つの音階(ドレミファソラシ)

 

◆ 虹の7色、ラッキー7

 

 

◆ 7年目の浮気

 

◆ T・H・ロレンス著『知恵の七柱』

 

◆ 1週間7日で暮らす

 

◆ 四十九日(初七日から数えて脳の7つのレジスタが一巡する日で魂が成仏)

 

 

 

また脳は満年齢をカウントしていて、東京医科歯科大学名誉教授角田忠信先生が発見され、『日本人の脳』(大修館書店)という本で世に発表し、その後90歳で集大成となる『日本語人の脳:理性・感性・情動、時間と大地の科学』(百叢社)を書かれました。

 

 

 

角田先生によれば、7人の追跡調査により、誕生日の朝7時20分頃に、脳の「満年齢に呼応する周波数」がカウントアップするのが確認されている、ということです。

 

 

朝生まれた人も夜生まれた人も、同じ時刻にカウントアップされるので、私たちの脳は、太陽の位置を知るすべを共通に持っているに違いない、と著者の黒川さんは説明しています。

 

 

 

このあと本書では、人は「7年で飽きる」という脳の感性サイクルを持っていて、ビジネスで言えば、大衆共通の7年サイクルの「感性トレンド」を考慮することが有効です。

 

 

この7年周期の「ブレインサイクル」を著者は調査研究しており、簡潔期と複雑期が28年ずつのサイクルで交替し、56年で元へ戻る、という「感性トレンド」をこの本では提唱しています。実際の年代で言えば、以下のサイクルで動いている、ということです。

 

 

◆ 1971年~1999年 簡潔期(ピークは1985年)

 

◆ 1999年~2027年 複雑期(ピークは2013年)

 

◆ 2027年~2055年 簡潔期(ピークは2041年)

 

 

2019年現在は、複雑期(7年ごとに初めから、ナチュラル期・グラマラス期・トラディショナル期・円熟期)の後半となるトラディショナル期で、翌2020年には円熟期に入る、というフェーズです。

 

 

 

感性トレンドの特徴としては、複雑期から簡潔期への変化が顕著になる時期で、以下のような変化が起こりつつあります。

 

 

◆ 丸い、ふわふわ、曲線、高さ → 四角い、シャープ、直線、横長

 

◆ 多色 → モノトーン

 

◆ おまけ、絆 → 本質、伝統

 

◆ 日本語、イタリア語(母音) → 英語、ドイツ語(子音)

 

◆ ナチュラル、自由、私、流線型 → クール、規則的、全体、目的指向

 

 

◆ まったり、もっちり、とろ~り → カリ、バリ、サクっと軽い

 

◆ 付加価値、飾り、デザイン → 本質、定番、伝統、機能

 

◆ 下から目線、リア充 → 上から目線、、競争

 

◆ あなただけ → プロが提示するスッキリしたもの

 

◆ 夢 → 使命

 

 

 

著者の結論は、これから昭和のよき時代と同じ「雰囲気」がやってくる、ということです。

 

 

若者は凛々しく、おとなは遊び心を持ち、生活者は適正価格でいいものを買ってくれる。やがて時代が尖りすぎて大怪我するまで、世界は成熟社会(2020年~2027年)と競争社会(2027年~2041年頃)を楽しむことになるそうです。

 

 

2048年の初めに、著者は生きていれば88歳、私は89歳。その頃は「今のブイブイはもうすぐ終わる。ここからしばらくは事業を拡大してはいけない。」と息子に言ってあげるそうです。

 

 

世の中には、理屈では説明できない「歴史の巡り合わせ」があります。そのメカニズムが本書が指摘している「脳の7年周期」かも知れません。

 

 

あなたもこの本を読んで、近未来を予測する脳科学を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトにて販売しています。

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

 

 

2018年11月11日に発刊された大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』(無料)への登録は、以下のリンクをクリックしてください!

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ヒトは7年で脱皮する 近未来を予測する脳科学』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP