『<引きつける>話し方が身につく本』

2017.03.09 (木)

「声、言葉、印象がもっと魅力的に変わる」方法を具体的に教えてくれる本があります。

 

 

本日紹介するのは、大和証券勤務を経て、アナウンサー歴22年NHKにてディレクターの経験もある、フリーアナウンサー兼スピーチコンサルタント倉島麻帆さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

倉島麻帆『CD BOOK <引きつける>話し方が身につく本』(明日香出版社)

 

 

この本は、イラスト付属のCDを使いながら、非言語コミュニケーションと言われる「言い方」「声の出し方」「表情」、さらには無意識にとっている「行動」「しぐさ」などを変えることによって、相手を引きつけ、伝わりやすくなる方法が学べます。

 

 

著者によれば、本書を読んだら、次のことができるようになります。

 

 

◆ 相手に誠実さ、信頼性が伝わります

 

◆ あなたの提案に説得力が増します

 

◆ 会話が盛り上がります

 

◆ 生き生きとした声が手に入ります

 

◆ 大事な場面で過度な緊張をしなくなります

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.聴き取りやすいきれいな声の出し方

 

2.相手の心を動かす話し方「4つのスキル」

 

3.好印象をもたらす聴き方・話し方のコツ

 

4.好感度が増す表情のつくり方

 

5.話に引きつける身体の動かし方

 

6.相手が耳を傾ける話し方

 

7.あがり症にサヨナラする方法

 

 

この本ではまず、姿勢や腹式呼吸による、声の出し方から説明が始まります。現在は、記録に残すためなどにより、隣りの人とさえも話をせずにメールで済ませてしまう人が多くいます。

 

 

そうすると、話すための筋肉は衰えてしまい、いい声が出せない、と著者は言います。

 

 

そして、滑舌・発生トレーニングによって、「信頼感」と「説得力」のある声になる、と本書では具体的な訓練法を紹介しています。

 

 

次に、プロのアナウンサーが意識している表現力アップの「4つのスキル」を以下の通り紹介・説明しています。

 

1.抑揚(イントネーション)

2.強調(プロミネンス)

3.間(ポーズ)

4.緩急(チェンジオブペース)

 

 

さらに本書の中盤以降では、ビジネスフレーズ、聴き方・話し方のコツ、好感度が増す表情のつくり方、身体の動かし方など、さまざまな言語以外の要素について、丁寧に説明しています。

 

 

本書の終盤では、「伝え方」の技術として、わかりやすく説明する方法や、話の順序、数字を入れる、などの手法を解説していますが、「最後はやっぱり情熱・想いが大切」と著者は述べています。

 

 

最後に、あがらないための各種方法・工夫を紹介・解説していますが、いつでもどこでもリラックスして、且つ集中できる方法があり、シュルツ博士の「自律訓練法」と、そのやり方を学べば、あなたも「あがり症」からサヨナラできるでしょう。

 

 

トレーニングによって、魅力ある話し方を身につけたいビジネスパーソンにはぜひ本書を読んでテキストにすることをお薦めします。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『<引きつける>話し方が身につく本』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP