『ハーバード・ビジネス・レビューEIシリーズ 幸福学』

2018.11.24 (土)

世界14カ国のエグゼクティブが愛読する『ハーバード・ビジネス・レビュー』で期待を集めているEI(Emotional Intelligence)シリーズが和訳されることとなり、最初のテーマとなった「Happiness(幸福学)」を取り上げた本が刊行されました。

 

 

本日紹介するのは、ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編で、DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部の訳による、こちらの書籍です。

 

 

ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編『ハーバード・ビジネス・レビューEIシリーズ 幸福学』(ダイヤモンド社)

 

 

この本は、世界最高峰のマネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載されたEI関連の論文や記事を、テーマ別にまとめたものです。

 

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.職場での幸福は重要である

 

2.幸福の心理学

 

3.「否定的な感情がない」ことが「幸福」ではない

 

4.インナーワークライフの質を高める「進捗の法則」

 

 

5.幸福のマネジメント

 

6.職場での幸福について、見落とされていること

 

7.幸福追求のパラドックス

 

8.幸福の歴史

 

 

 

この本の冒頭で、前野隆司教授は、幸福学とは何かを考えるときに、次の3つの側面があると説明しています。

 

 

◆ Hapiness Study(気分、感情、ワクワク、短期的な幸せ)

 

◆ Well-being Study(健康、幸せ、福祉)

 

◆ Positive Psychology(ポジティブ心理学)

 

 

 

それは、個人主義的なハピネスと、集団主義のウェルビーイング、さらにポジティブ心理学でいうエンゲージメントやフロー、ゾーンといった我を忘れて没頭の状態幸福学研究の対象だ、ということです。

 

 

 

この本の特徴としては、短期的・主観的な感情である「ハピネス」にフォーカスして、幸福学の研究成果が記されています。

 

 

そして、時代は「知識から感情的知性」の時代へと大きく転換しつつあります。

 

 

あなたも本書を読んで、幸福学の役割や将来性について、きちんと学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトにて販売しています。

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

 

 

また、大杉潤プロデュースによるイベントやセミナーなどのご案内、とくにお薦めのビジネス書の情報などを、月2回程度お届けするメルマガ(無料)は、こちらから登録できます。

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ハーバード・ビジネス・レビューEIシリーズ 幸福学』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP